『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.17』東京・後楽園ホール(2022年6月9日)
○スーパー・タイガー&間下隼人vs真霜拳號&花見達也×

 初参戦の真霜がレジェンド王座への挑戦を表明。王者S・タイガーも受諾し、両者によるタイトルマッチが決定的となった。

 2AWの現無差別級王者・真霜がストロングスタイル初参戦を果たした。当初は3・17後楽園大会に参戦予定だったが、新型コロナ陽性判定を受けたため欠場。仕切り直しとなった今回、現レジェンド王者S・タイガーとの王者対決が実現した。S・タイガーが間下、真霜が花見とそれぞれ組んでの激突。やはり両者は強く意識し合って激しい攻防を繰り広げた。

 まずは間下と花見がエルボーと張り手を打ち合うなど真っ向から火花を散らすと、S・タイガーと真霜が向き合った。まずはローキックで蹴り合い、グラウンドでしのぎを削る。S・タイガーが首を取ってローリングしてコントロールすれば、真霜はフェースロックで絞め上げて譲らず。腕ひしぎ逆十字はS・タイガーが極めさせず。チキンウイングアームロックで真霜を捕らえた。

 しのいだ真霜は張り手やトラースキックで間下を圧倒。花見も張り手やエルボーを打ち合い、圧倒されてもスライディングエルボースマッシュを放って譲らず。再びS・タイガーと真霜が向き合うと、S・タイガーがニールキック、フロントネックチャンスリー、ミドルキックの連打の猛攻に出た。真霜は蹴り足をキャッチしてアンクルホールドで絞め上げ、ドラゴンスクリューからの足4の字固めで捕らえた。

 最後はS・タイガーが真霜に見せつけるようにタイガースープレックスホールドで花見に勝利。試合後、真霜が「スーパー・タイガーよ、強ぇな、お前は。その強いスーパー・タイガーがいるリングにこの俺が来たってことは、目的はただ一つだ。お前が持ってるそのベルトに挑戦させろ」といつも以上にかすれ気味の声でレジェンド王座への挑戦を表明した。「一発で獲ってやるよ。スーパー・タイガーの返答を聞かせてくれ」と通告し、返答を求めると、S・タイガーも「真霜、お前からの挑戦、喜んでだよ」と受諾した。

 レジェンド王座挑戦が決定的となった真霜は「ストロングスタイルプロレスのファンの皆さん、覚えただろ? この声の出ない男が真霜拳號だ。よーく覚えただろ? 今日一発で。負けたとはいえ記憶に残っただろ? じゃあ俺の勝ちだな」と強調しつつ、「スーパー・タイガー、リング上のこと忘れないぜ。受けるっつったな」と念押し。最後に「いつだ? いつだ? 決めろよ。いつでもいいぞ俺は」と早急な正式決定を求めていた。