『CyberFight Festival 2022』さいたまスーパーアリーナ(2022年6月12日)
ノーDQハードコアマッチ ○拳王vs佐々木大輔×

 拳王がノーDQ戦で佐々木を無法粉砕。DDTに「文化系プロレスに自信を持て」とエールとも受け取れるゲキを飛ばした。

 両者は遺恨を深めに深めて当日を迎えた。佐々木がスタンガンによる襲撃を繰り返すと、激怒した拳王は「スタンガンでも何でも受けてやる」と宣言。場外カウント、反則裁定なしで、レフェリーが特に危険と判断したもの以外あらゆる凶器の使用が認められる“ノーDQハードコアマッチ"での決着戦を迎えた。

 両者は序盤から激しくせめぎ合った。拳王が蹴りの雨を降らせれば、佐々木は鉄柱攻撃やイス攻撃で左足を狙い撃ち。テーブル葬を狙ったが、阻止した拳王が逆にコーナーから場外へのPFSを放ってテーブルに大きな穴をあけた。

 徐々に混戦模様に拍車がかかっていく。金剛とDAMNATION T.Aの大乱闘に発展し、船木誠勝は自転車に乗って佐々木に突進したものの、避けられて征矢に誤爆。DDTやダイビングエルボードロップで攻勢に出た佐々木は、拳王が放った火炎蹴りをスタンガン攻撃で阻止。コーナー最上段から鉄柵&テーブル超えのダイビングエルボーアタックを敢行した。

 すかさず佐々木が棺桶と画びょうを投入したが、拳王はボディスラムで棺桶めがけて投げつけて返り討ち。佐々木の背中には大量の画びょうが刺さって苦もんした。それでもクロスフェイスで絞め上げて粘る佐々木は打撃戦を挑んだものの、拳王は蹴暴をさく裂。ミスティカ式クロスフェイスに捕まり、イスで脳天を殴打されても、佐々木がラダー上から放ったダイビングエルボーを赤い毒霧噴射で撃墜した。すかさず拳王はバズソーキックを連打。ラダー上からのPFSを放ってようやく激闘に終止符を打った。

 拳王が佐々木との遺恨決着戦に勝利。金剛メンバーとともにポーズを決めた。「これが本気でプロレスをしているヤツの実力だ。まあな、今日の相手・佐々木大輔でよかったよ。本当に佐々木大輔でよかったよ」と満足げな拳王は「あいつはな、DDTで一番物事を理解しているよ。なんでかって? あいつは学芸会プロレスを認めている発言しているだろ」と評した。

 DDTに対して「学芸会プロレス」の言葉を投げかけたが、そこにはひそかにリスペクトが込められていた。「おい、DDTの選手ども、学芸会プロレスそれでいいじゃねーか? なんでな、そんなに保守本流のプロレスを求めてんだ? 俺たち学芸会プロレス、プライドを持て」と投げかけた拳王は「文化系プロレス」と表現を変えて「お前たちの色を出せばいいんだよ。一番光るところを出せばいいんだよ。だからな、学芸会プロレス、いや、文化系プロレスに自信を持て。プライドを持て!」とエールとも受け取れるゲキを飛ばしていた。

【試合後の拳王】
▼拳王「これが本気でプロレスをしているヤツの実力だ。まあな、今日の相手・佐々木大輔でよかったよ。本当に佐々木大輔でよかったよ。あいつはな、DDTで一番物事を理解しているよ。なんでかって? あいつは学芸会プロレスを認めている発言しているだろ? おい、DDTの選手ども、学芸会プロレスそれでいいじゃねーか? なんでな、そんなに保守本流のプロレスを求めてんだ? 俺たち学芸会プロレス、プライドを持て。そうだな、学芸会って言ったら引っかかるのかな? 文化系プロレス、テメーらそう言ってんだろ? 文化系プロレスだったか。そうだよな? 文化系プロレスだよな? それに自信を持ったらいいんだろ? なぜ保守本流のプロレスに食らいつこうとしてんだよ。お前たちの色を出せばいいんだよ。一番光るところを出せばいいんだよ。だからな、学芸会プロレス、いや、文化系プロレスに自信を持て。プライドを持て! テメーらが一番輝いていた時はいつだ? 文化系プロレスを追い求めていた時だろ? 何年か前からなぜか保守本流、新日本プロレス、ノア、全日本プロレスのプロレスに対抗しようと思うから、今の結果になったんだろ? 俺はな、ちゃんと理解したうえで言ってんだよ。この言葉を理解できないのは、高木三四郎だけだ。だからな、この言葉を理解している佐々木大輔。それでよかったんだよ。よかったよ、今日は思いっきりテメーらの土俵で戦えて。本当にテメーらに言うこと…学芸会プロレス、いや、文化系プロレスにプライドを持て! 自信を持て! その道を突き進め。以上だ。おい、とりあえず今日は俺、広報部長だろ? テメーらの質問に何でも答えてやるぞ」

――今日は対抗戦全勝という形になったが?

▼拳王「まあ、それは俺たちが本気でプロレスをしているという結果だろう。あいつらは演技でプロレス…いや、そう言うと口が悪いか。あいつらは文化系のプロレスしてんだろ? だから、本気で強さを求めているプロレス団体の結果、それだけだな。それともう1つあったな? あいつら、学芸会に自信持ってない? 3連敗した? 俺が問いかけていたのは学芸会プロレスって言って、テメーらは演技のプロレスって言った。だけどな、そこにプライドを持てばいいんだよ、あいつらも。それで1ヵ月前からやり合えばいいのに、その言葉をなんだかないがしろにして、そして変なノアのあれを持ってきて、喧嘩しようとする。あいつらと向いているベクトルはまったく違う。だから、テメーら聞いててくれ。俺たちにイデオロギー闘争なんかないんだよ。俺たち保守本流のプロレスで強さを求めている。あいつらは文化系。だから、ベクトル違えだろ? イデオロギーなんてねえんだよ。だから、対抗戦なんかしなくてもいいんじゃねえのか? それがサイバーフェスの結果かもしれないな」

――最大級の演出と言われていた入場はどうだった?

▼拳王「最高だろ? 俺たちは、俺の団体は、ノアは業界一を目指してる。演出はたぶん俺が見る限り業界1位だろ? それに俺たちのプロレスが追いついていかないといけないよな。だから今日、入場? 演出? 最高峰? 日本トップの、いや、世界にトップクラスに入る演出だろう? それに追いつくために、必死で努力していく。それだけだ」

――改めて佐々木選手に感じたことは?

▼拳王「まず俺が思うのは、あいつだけ唯一まだまともな考えがある。学芸会プロレスでいいじゃん? プライドを持ったらいいじゃん? テメーらは文化系で売ってんだろ? 文化系で売ってるから、5年ぐらい前は物凄い盛り上がってたんだろ? そこから保守本流に変わった? 新日本に追いつこうと思って、そのスタイルになった? だから、だから、今の状況なんだよ。それを理解できてるのは佐々木大輔1人だけだ。社長が無能だからな。よし、そうだな。佐々木大輔、なんか1つだけ言ってたな。ノアが不良債権残ってるだと? いや、俺が知っている中では株式会社プロレスリング・ノアからノア・グローバルエンターテインメントに事業譲渡した時に、不良債権全部置いていったと言ってたんだけどな。まあ、いいか」

【佐々木の話】「ふざけんじゃねえよ。俺が今日、なんであんなヤツに負けたわかるか? DDTなんかな、背負っちまったからだ。あんなもん背負わないで、俺が個人で戦ってれば、こんな結果にはなってないぞ。今日の敗北は俺の、佐々木大輔の一生の恥だ。俺はな、この恥を一生背負って生きていくぞ。俺だけじゃねえな。コメント出していいのかわからねえ。哲哉も一生分の恥をかいたな。プロレスリング・ノア、拳王。テメェらに関してはな、ノーコメントだ。覚えとけ」