『DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL』大阪城ホール(2022年6月12日)
「KOPW 2022」争奪戦 ○鷹木信悟vsタイチ×

 鷹木が異例の「10分無制限ピンフォールマッチ」でタイチを破り、KOPW王座を死守。30代最後の夏に行われる今年のG1 CLIMAX制覇を予告した。

 鷹木は4・25広島大会でタイチを破り、KOPW王座を初獲得。しかし、5・1福岡ドーム大会ではタイチが6人タッグマッチながら鷹木からピンフォール勝ちを奪い、再戦が浮上。今回のルールはファン投票の結果、「鷹木式10分無制限ピンフォールマッチ」に決定。10分でより多くのピンフォールカウントを奪った選手が勝者となる異例の形式で再び両者は激突した。

 のっけから熱い打撃戦となるが、互いに丸め込みを狙い始めると試合は白熱。硬軟使い分けた鷹木が「7-2」で序盤をリードした。タイチはバズソーキックやバックドロップなど大技を連発して猛追。1カウント差まで追い上げるも、ブラックメフィストは決まらず、逆に鷹木は上手く押さえ込んで3カウントを奪取。「10-6」と再び引き離した。

 鷹木はパンピングボンバーをぶち込んでさらにカウントを奪いにいくも、タイチはカウント1で意地のキックアウト。残り時間がわずかとなると、さらなるカウント奪取を狙うが、タイチも粘りを発揮。得意の相撲ファイトに持ち込み、上手投げを決めると、連続してフォールし、カウントを一気に奪う。しかし、1ポイントの差に泣き、「11-10」で試合は鷹木に凱歌。KOPW王座を死守した。

 「10分無制限ピンフォールマッチって俺が提案してて、負けたら格好がつかないからね。あぁ、でも10分、きつかったなぁ。こんなはずじゃなかったよ。やってて、時間のプレッシャーってスゲェな」と自ら考案したルールのつらさを振り返った鷹木。「とりあえずタイチとは、2連勝してんだ。とりあえず、これでいったん終わりだ」とタイチとの抗争に区切りを付けると、「たった今から俺は! 鷹木信悟は、“G1モード"に突入する」と宣言した。

 これまでIWGP世界ヘビー級王座やNEVER無差別級王座、KOPW王座などを戴冠してきたが、リーグ戦やトーナメント戦には不思議と縁が無い。気合いをみなぎらせた鷹木は「特に今年の夏は! 俺にとって30代! 最後の夏だ。30代最後の夏らしく最高の思い出作ってやる」と初優勝を予告した。


【試合後の鷹木】
▼鷹木「危なかったねぇ! 危なかった。最後、1点差? 2点差?」

――1点だった

▼鷹木「1点差! 10分無制限ピンフォールマッチって俺が提案してて、負けたら格好がつかないからね。あぁ、でも10分、きつかったなぁ。こんなはずじゃなかったよ。やってて、時間のプレッシャーってスゲェな。しっかり練習してきて、10分にすべてを出そうと思ったけど、相手もいるし、時間のプレッシャーもあって、メチャメチャ息あがったね。まぁこれも1つ! KOPWがプロレスの幅を広げたんじゃないか? まぁ今日、インターバル中に発表があったな。KOPWもいいが、とりあえずタイチとは、2連勝してんだ。とりあえず、これでいったん終わりだ。たった今から俺は! 鷹木信悟は、“G1モード"に突入する。4年連続4回目の出場。当然だと思ってない。当たり前のこととは思ってない。俺は昨年、IWGP世界ヘビー(のベルト)も巻いた。NEVERも巻いた。KOPWも保持してるが、リーグ戦やトーナメントではまだ優勝したことねぇんだよ、なぁ? “鷹木信悟ここにあり"ってとこを見せるんだったら、ここしかねぇだろ。特に今年の夏は! (※コメント取材している記者の顔を見て)なぁ岡本、わかるだろ? 俺にとって30代! 最後の夏だ。30代最後の夏らしく(※缶ビールを開けて)最高の思い出作ってやるよ(※ビールを一口飲んで引き揚げていく)」

【試合後のタイチ】
▼タイチ「はぁ……こんなの初めてだ。な、最後、俺が攻めてたよな? なぁ、俺が攻めてただろ、最後? 攻めてたのに負けたってなんだよ? 俺が優勢だったんじゃないの? 上になってたの俺じゃねぇの? なんで俺が負けた? そんなのある?」

--逃げ切られてしまった

▼タイチ「うるせぇな、コノヤロー。なんだ、このなんともいえねぇ気持ち、なんだ? なぁ、負け惜しみかもしんねぇけど、ルールでは負けたかもしんねぇけど、気持ち的に今日は鷹木に負けたっていう気がしねぇんだよ。ルールに負けた、それだけだ。鷹木に負けたって思えねぇから、なんかスッキリしねぇな。あと引くぜ、こんなの。10分? まだまだできるぜ。鷹木、俺とお前、10分じゃ足りねぇの、誰だってわかってんだろ。でもやっぱり、効くよ。いつものお前よりエンジン全開だったな、最初っから。効いた……。鷹木、ハハーン鷹木、ハハーン、お前が言ってた意味わかったよ。精神的にも肉体的にも追いつめられるルール……これがその答えだな。わかったよ。精神的にきたよ、今。負けた気がしないのに負けてる。トロフィー獲れなかった。ハハーン、そういうことか……。これは精神的にこたえるね。初めだこんなの。レスラー人生、レスラー人生50年の中で(※この瞬間、寄り添っていたあべみほがびっくりした表情を見せ、何度か後ろからタイチの顔を覗き込もうとする動きを見せる)初めてだ、こんな経験。鷹木にやられたな……。ルールに負けた。KOPWに負けた。だが、鷹木に負けたとは思ってねぇぞ、今日は。鷹木、KOPW、ひとまずお前に任せるからな。お前と俺が唯一意見一致してんのは、あのトロフィーの新調と、もしくはベルトに交換することだ。もう少し、こんだけのものを俺と鷹木が見せてきたんだ、もう少しいいものを用意しろよ。それだけの条件整った時、もう1回考えてやる。もっかい獲りにいってやるよ。(※つぶやくように)チキショー……はぁ、だけど鷹木、KOPW、KOPWをここまで、大阪の、大阪城ホールのここまで上の試合で組まれるようになったきっかけは、俺だったってことを忘れんなよ、お前ら。俺抜きでKOPW語んなよ、、これからも。はぁ、チクショー……あぁ、なんだこら? 精神的にきてんな……。俺のYouTube視聴者に、YouTubeチャンネルの視聴者に、合わせる顔がねぇよ。もう生配信はできねぇかもしんねぇな、この精神状態じゃ。はぁ……次、生配信すんのは、ちょっとこの精神状態もとに戻んの、時間かかんな……」