ルイジアナ州バトンルージュのレイジング・ケーンズ・リバー・センターで行われたスマックダウンが日本時間12日に配信され、リドルがWWEユニバーサル王座への挑戦権がかけられたサミ・ゼインとの一騎打ちに快勝。次週SDで王者ローマン・レインズへの挑戦が決まった。

 ザ・ブラッドラインへの報復を誓うリドルがこの日、その手下であるゼインとの一騎打ちに臨んだ。勝利すればユニバーサル王座挑戦権を得られる一戦で、リドルはオーバーヘッドキックやスープレックスで攻め込んだ。リングアウトを狙うゼインはポストに叩きつけ、リドルのパートナーであるランディ・オートンを真似て挑発した。

 これに怒ったリドルはランニングニー、キック連打、フローティングブロの波状攻撃で反撃に移った。ゼインもブルーサンダーボムで応戦したが、最後はヘルヴァキックを狙ったところにリドルがRKOをカウンターでさく裂させて3カウントを奪った。

 この結果、リドルが次週SDでユニバーサル王者・レインズへの挑戦が決まった。試合後、リドルは挑戦権奪取に歓喜。ウーソズが背後から襲撃してきても、竹刀で滅多打ちにして撃退した。