『Fortune Dream 7』東京・後楽園ホール(2022年6月15日)
○鈴木みのる&野村卓矢vs真霜拳號&伊藤貴則×

 初参戦となった鈴木が奮闘する伊藤をゴッチ式パイルドライバーで返り討ち。本部席の小橋建太にリングに上がるよう徹底挑発すると、「てめぇとの勝負は一生続くんだよ」と宣言した。

 鈴木がFortune Dream初参戦。大日本・野村と組み、2AW・真霜&GLEAT・伊藤とタッグマッチで対戦した。4人とも打撃や関節技を中心とするスタイルだけに、試合は激しい戦いになった。

 鈴木と同じくFortune Dream初参戦となった伊藤は、大胆にも「鈴木来い」と挑発するが、鈴木は無視。伊藤と野村の顔合わせで試合はスタートする。伊藤はスキを突いて鈴木に飛びかかるも襲撃はことごとく失敗に終わった。ようやく鈴木とリング上で対峙すると、ロープに押し込んでハイキックを狙ったが、これも空を切る。鈴木は「クリーンブレイク」と注意。そのうえで、自ら伊藤をコーナーに追い込むと、ビンタをぶち込んだ。怒った伊藤は真霜にタッチを渡したあとも、エルボーやストンピングを乱射して気を吐く。

 その後、鈴木&野村は再び登場した伊藤を攻め立てて主導権。単調な動きを見逃さない鈴木は脇固めや逆片エビ固めに持ち込んで絞め上げる。野村も伊藤と真っ向からエルボー合戦を展開。伊藤はラリアットや前方回転式水車落としなどでようやく反撃に成功した。

 かつて鈴木軍の一員として活動していた真霜はヒザ十字固めで野村を攻めて逆襲。鈴木の蹴り技に攻め込まれるが、エルボー合戦では意地を見せると、伊藤に勝負を託した。

 伊藤は気迫全開でエルボーを連打。互いに追尾して串刺し攻撃を打ち合うと、伊藤はフロントスープレックスで投げ捨てる。鈴木の脇固めに捕まって苦もんするが、それでも奮起。水面蹴りや側頭部へのニールキックなどで猛攻に出ると、鈴木のスリーパー狙いをバックドロップで切り返して好機を掴む。だが、続くジャーマンは鈴木がフロントネックロックに切り返し、そのまま後方に回転すると、一気にゴッチ式パイルドライバーへ。マットに突き刺し、あっと言う間に3カウントを奪った。

 試合後、悔しさをあらわにする伊藤をよそに、鈴木は本部席の小橋に視線を向けて手招き。「風になれ」にあわせて場内に手拍子を煽る。そして、その後もしつこく小橋を「来いよ」と挑発。苛立ちをあらわにした小橋は立ち上がるも応じず。不敵な笑みを浮かべつつ、大きな拍手を浴びてリングを去っていった鈴木だった。

 バックステージでも、鈴木は「小橋の野郎、来やしねえ。あの野郎。僕は引退しました? そんなもん、許されるわけねえだろう?」と小橋を強烈に意識。「てめぇとの勝負は終わっちゃいねえんだよ。なに勝手に終わらそうとしてんだよ、小橋! てめぇとの勝負は一生続くんだよ」と通告していた。

 一方、敗れた伊藤は「おい、鈴木みのる。今日はこんな結果になったけど、GLEATの伊藤貴則は殴りがいがあったか? 今日で俺の顔と名前しっかり覚えたよな。GLEATの伊藤貴則、諦めの悪い男、まだまだ、まだまだ諦めへんからな。今回はタッグやったけど、次は俺とシングルやれ」と一騎打ちを要求した。

【鈴木の話】「小橋の野郎、来やしねえ。あの野郎。僕は引退しました? そんなもん、許されるわけねえだろう? てめぇとの勝負は終わっちゃいねえんだよ。なに勝手に終わらそうとしてんだよ、小橋! てめぇとの勝負は一生続くんだよ。お前が嫌だと言って、もう勘弁してくださいと言って、ここに頭擦りつけて、土下座すれば許してやるけどな。おい、小橋。てめぇ、お前の軍門に降って、ここに来たんじゃねえぞ。違うぞ。てめぇをブチ殺しに来たんだ。覚えとけ」

【試合後の真霜&伊藤】
▼伊藤「すいません。急造タッグやけど、こんな結果にしてしまって」

▼真霜「もうちょっと作戦立てていけばね、結果は違ったかもしれない」

▼伊藤「小橋さんにこのFortune Dreamに俺は推薦してもらって、出ただけや。おい、鈴木みのる。今日はこんな結果になったけど、GLEATの伊藤貴則は殴りがいがあったか? 今日で俺の顔と名前しっかり覚えたよな。GLEATの伊藤貴則、諦めの悪い男、まだまだ、まだまだ諦めへんからな。今回はタッグやったけど、次は俺とシングルやれ」