『Fortune Dream 7』東京・後楽園ホール(2022年6月15日)
○ひめかvsレディ・C×

 女子版の“ジャンボvsジャイアント"がFortune Dreamで実現。ひめかがパワーボムでレディ・Cを真っ向から粉砕した。

 Fortune Dream恒例の女子プロレス試合として、スターダム所属のひめかとレディ・Cが一騎打ちを行った。ともに女子プロレス界屈指の大型選手。“ジャンボプリンセス"の異名を持つひめかと、ジャイアント馬場殺法を得意とするレディ・Cによる女子版の“ジャンボvsジャイアント"となった。

 全日本の和田京平レフェリーが担当。レディ・Cが先輩のひめか相手に必死のファイトを展開し、コブラツイストに捕らえて手拍子を巻き起こす。ひめかがロープに逃れても、豪快なフロントハイキックからニードロップを投下した。

 しかし、ひめかはバックフリップで鎮圧。強烈な逆エビ固めでギブアップを迫る。レディ・Cが何とかロープに逃れると、ひめかはアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げた。

 粘るレディ・Cは河津落としからマシンガン逆水平で猛チャージ。ブレイクするよう迫る京平レフェリーに「止めんなよ!」と声を荒げる。さらに、ダイブ式脳天唐竹割りからカウンター式のフロントハイキックをズバリ。得意のジャイアント馬場殺法でスターダムを知らないファンの視線を釘付けにした。一気にジャイアントバックブリーカーでギブアップを迫る。

 しかし、手首を固めた状態で振り払ったひめかはショートレンジラリアットをズバリ。アルゼンチンバックブリーカーで再び担ぎ上げると、JPコースターでマットに叩きつける。フォールを返して粘りを見せたレディ・Cはランニングネックブリーカードロップで再び攻勢に出るも、ひめかはカウンターのラリアットで黙らせると、ジャンピングニーをぶち込み、「オー!」と絶叫。串刺し延髄ラリアットから最後はランニング式パワーボムでレディ・Cを葬った。

 「自分がプロレスにデビューする時に、小橋さんに『Fortune Dreamに出れるような選手になれ』と言われて。自分の中では夢のまた夢のまた夢くらいの夢だったんですけど、スターダムに来て所属になって、こうして出れることができて。まあ、運もあると思うんですけど、自分のやってきたことが報われたのかなと思います」と感慨深げに語っていたひめか。「ジャンピングニーだけは大切な技なので、絶対にフィニッシュの前に決めてやろうという気持ちでいました」と明かすと、「今のスターダム、かわいい、キレイなだけじゃなくて、熱い試合をしている、命を懸けてリングに立っているということを証明できたのではないかなと思います。女子プロをなめないで、会場に応援に来ていただけたら嬉しいです」と呼びかけていた。

【試合後のひめか】
▼ひめか「『Fortune Dream 7』、自分がプロレスにデビューする時に、小橋さんに『Fortune Dreamに出れるような選手になれ』と言われて。自分の中では夢のまた夢のまた夢くらいの夢だったんですけど、スターダムに来て所属になって、こうして出れることができて。まあ、運もあると思うんですけど、自分のやってきたことが報われたのかなと思います。対戦相手はレディだったので、ちょっと自分的には物足りなさもあったんですけど、今のスターダム、かわいい、キレイなだけじゃなくて、熱い試合をしている、命を懸けてリングに立っているということを証明できたのではないかなと思います。女子プロをなめないで、会場に応援に来ていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします」

――ジャンピングニーをやるのは久しぶりだったが、この大会だからこそというのはあった?

▼ひめか「そうですね。試合のテーマが馬場さん対鶴田さんというのがあって。自分的に何をしたらそういうテーマに沿ったことができるのかって考えたんですけど、やっぱり自分の試合スタイルというものは崩したくなかったので。ジャンピングニーだけは大切な技なので、絶対にフィニッシュの前に決めてやろうという気持ちでいました」

【レディ・Cの話】「『Fortune Dream 7』、本当に私にとっては夢のような興行だったんですけど、夢のように散りました。でも、必ずひめかを倒してやる。またこの試合、組ませてください」