『DDT FREE-June-KING OF DDT 2022 1st ROUND』が16日、東京・新宿FACEで行われ、DDT最強決定トーナメント『KING OF DDT 2022』が開幕。佐々木大輔がラフ殺法で元盟友の火野裕士を下し、2回戦で上野勇希との対決が決まった。

 かつてDAMNATIONで共闘した両者の対決は握手でクリーンにスタート。まずはパワーで勝る火野がラリアット、チョップ、セントーンなどで攻め込んだ。佐々木もダイビングエルボー、クロスフェースロックで反撃。主導権を奪い返した火野がフロッグスプラッシュを決めたものの、セコンドのMJポーがレフェリーの足を引っ張って3カウントを入れさせず。レフェリーの死角を突いた急所蹴り、急所打ちを見舞った佐々木がスクールボーイで丸め込んで、まんまと3カウントを奪った。

 一方、上野がANONのコブラツイスト、チョップ、ラリアットに苦しめられながらも、最後はBMEを鮮やかに決めて逆転勝ち。6・19後楽園大会での2回戦で両者が対決することになった。

 「裕ちゃん。油断してんじゃねえよ。ベストフレンド。それは昔の話だ。今年の佐々木大輔は違うって言っただろ」と勝ち誇った佐々木は「2回戦は上野だろ。KANONの仇だ。ぶっ殺してやる。あいつが一番恐れてるは俺だ。今頃、控室で泣いてるだろ」と強気そのもの。対する上野は「KANON君は楽しんでるというか、おかしな子でした。でも身体がでかくて、佐々木さんの元で学んでるんだなって感じるとこばっか」と振り返り、「次は佐々木さん。ここぞというときに出てくる佐々木さん。ぶっちゃけ、サイバーファイトフェスでは佐々木大輔に"カリスマ"を感じた。このトーナメントで勝ったらチャンピオンですから。KANON超えて、カリスマ超えて、そこから先を超えてチャンピオンになれると思うんで」と佐々木超えを誓っていた。

【火野の話】「急所は鍛えられへんからな。ちょっと油断したらやられたよ。負けたけど佐々木をボコれるのはできたんじゃないかな。ここで悔しがってもしょうがない。ベルトなんて本気出せばいつでも獲れる」