『DDT FREE-June-KING OF DDT 2022 1st ROUND』が16日、東京・新宿FACEで行われ、DDT最強決定トーナメント『KING OF DDT 2022』が開幕。樋口和貞が壮絶な肉弾戦の末に納谷幸男を破って1回戦を突破し、「必ず頂点に立って、俺が遠藤哲哉を待つ!」と誓った。

 当初、この日のメインイベントは「遠藤vs高梨将弘」の予定だったが、遠藤欠場によって「樋口vs納谷」が繰り上がった。試合はスーパーヘビー同士による肉体と肉体のぶつかり合いに発展。樋口のチョップと納谷のエルボー、樋口のチョップと納谷のミドルキックの応酬が展開された。

 その後も両者は一歩も引かず、樋口がラリアットを連打すれば、納谷はニーリフト連打で応戦。納谷はチョークスラムで追い込む場面を作ったが、樋口はラリアット、ぶちかまし、ドクターボムの猛攻で流れを引き寄せた。そして最後はブレーンクロー・スラムを豪快に決めて納谷から3カウントを奪った。

 真っ向勝負の肉弾戦を制した樋口が1回戦突破を決めた。試合後、マイクで「納谷、言った通りだったな。今日が一番強かった。納谷、お前のことも背負ってやる」と称えた樋口は「遠藤哲哉が欠場して、トーナメントにベルトが懸かってます。あのさいたまスーパーアリーナのリングの中にいた一人として、俺が必ずトーナメントで上に上って、強さの象徴になって遠藤を待ちたいと思います」と堂々の優勝宣言を放った。

 バックステージでも樋口は「納谷幸男、強かったよ。ただ、俺だって背負ってんだ。遠藤哲哉の魂を。今日勝った納谷の魂も背負って行ってやる。背負って上に行ってベルト獲って、DDTを背負ってやる。必ず頂点に立って、俺が遠藤哲哉を待つ!」と誓うばかり。6・19後楽園大会での2回戦の相手は遠藤欠場のため不戦勝となったDDT UNIVERSAL王者・高梨で、樋口は「強いよ。ただ、それに打ち勝たないと先はないと思ってる」と言い切った。対する高梨は「あんまりこういうことは言わないんだけど、樋口と納谷。すごかったよな。納谷は胸を真っ赤にして、樋口にもすげえ蹴りが何発も入ってた。それでもあいつら、戦うのやめないで真っ向からやり合うんだよ。あんな試合見せられたら燃えるだろ」と初戦となる2回戦へ向けて意気込んでいた。

【納谷の話】「きつかった。人生初のシングルのメイン。背負うなんて大層なことは言えないですけど、遠藤さん欠場でメインになって、“俺らがDDTを見せないといけない"って、すごいプレッシャーで試合して。絶対勝ちたかったんですけど、勝てなかった。それがまだ僕が上に立てないということだと思います。樋口さん、絶対ベルト獲ってください。そして、その上でもう1回シングルしてください。それまでにもっと強くなってます」