『DDT FREE-June-KING OF DDT 2022 1st ROUND』が16日、東京・新宿FACEで行われ、DDT最強決定トーナメント『KING OF DDT 2022』が開幕。秋山準が坂口征夫とのヒザ対決を制して1回戦を突破し、「いいヒザをもらって目が覚めたよ。トーナメントで勝ってベルトを巻きたいと思いました」と気合を入れ直した。

 遠藤哲哉がサイバーファイトフェスティバル6・12さいたまSA大会で脳震とうを起こして欠場し、保持していたKO-D無差別級王座を返上。今トーナメントの優勝者が新王者に認定されることになった。この事態に遠藤と同じバーニングの秋山は「優勝してベルトを巻いて彼(遠藤)の前に立たなきゃいけない」と並々なる決意で出陣した。

 1回戦の相手は坂口。ともに熱望していたシングル初対決が実現した。戦前、坂口が父・坂口征二ばりのジャンピングニーアタック投入を宣言していたこともあって、試合は“ヒザ勝負"の様相を呈した。レスリングの攻防から坂口がミドルキック、ヒザ蹴りで攻め込めば、秋山もヒザで応戦。秋山がフロントネックロックで絞め上げると、脱出した坂口は神の右ヒザを叩き込んだ。

 なおも坂口がミドルキックで攻め立て、スリーパーで絞め上げると、秋山はバックドロップ、エクスプロイダーと投げ技を連発。坂口が父譲りのジャンピングニーアタックを見舞っても、秋山はジャンボ鶴田さん直伝のジャンピングニーパットで徹底抗戦して譲らない。さらにヒザ蹴り連打を浴びせ、サポーターを外して生ヒザでも連打すると、正調、リストクラッチ式とエクスプロイダーを連発して坂口を仕留めた。

 秋山が坂口とのヒザ対決を制して1回戦を突破した。2回戦(6・19後楽園)の相手はMAOをアース・シーシャで破った飯野“セクシー"雄貴。「次、飯野って聞いてない。シャッフルしてクジ引くんじゃないの? 何のために坂口と1回戦でやって…次、飯野? これがDDTか? 次やるかどうかはまだ決めてません」と困惑した秋山だったが、初優勝とKO-D王座返り咲きによって遠藤の復帰を待つつもりだけに「坂口のヒザは効いた。親父を背負ってのものだから思いがあるだろうし。いいヒザをもらって目が覚めたよ。トーナメントで勝ってベルトを巻きたいと思いました」とさらに気合が入ったようだった。

 一方、坂口は「対峙して"噛み殺さないと俺が殺される"って。久々にリングの上で恐怖を味わったよ。俺のプライドの方がちっぽけだった」と敗戦の弁。「でも俺はしつこいよ。勝つまでいくぞ。勝つまでヒザを叩き込んでやる」と秋山への雪辱を見据えつつ、「あとは樋口(和貞)、お前に託した」と同じEruptionの樋口にエールを送った。

 この日の結果により、6・19後楽園大会で行われる2回戦の組み合わせは「秋山vs飯野」、「HARASHIMAvs吉村直巳」、「上野勇希vs佐々木大輔」、「樋口vs高梨将弘」に決定した。


☆6/19(日)東京・後楽園ホール『KING OF DDT 2022 2nd ROUND』17:30開場、18:30開始

▼「KING OF DDT 2022」トーナメント2回戦
樋口和貞
vs
高梨将弘

▼「KING OF DDT 2022」トーナメント2回戦
飯野“セクシー"雄貴
vs
秋山準

▼「KING OF DDT 2022」トーナメント2回戦
上野勇希
vs
佐々木大輔

▼「KING OF DDT 2022」トーナメント2回戦
HARASHIMA
vs
吉村直巳

※2回戦終了後に準決勝の組み合わせ抽選