ミネソタ州ミネアポリスのターゲット・センターで行われたスマックダウンが日本時間12日、配信され、ブロック・レスナーが電撃復帰。王者ローマン・レインズを襲撃し、『サマースラム』でのWWEユニバーサル王座ラストマン・スタンディング戦が決まった。

 ユニバーサル王者・レインズがこの日、リドルとの防衛戦に臨んだ。ザ・ブラッドラインへの報復を誓うリドルのスープレックスやスプリングボード・フローティングブロで攻め込まれたものの、場外戦で解説席やポストに叩きつけて逆転。リドルがランディ・オートンばりのRKOを狙ってもスーパーマンパンチを叩き込んだ。終盤にはリドルのカウンターRKOを浴びてピンチとなったが、カウント2で返したレインズは再びRKOを狙うリドルにこん身のスピアーを叩き込んで3カウントを奪った。

 レインズがリドルとの激戦を制してユニバーサル王座防衛に成功した。試合後、レインズは「もう挑戦者は誰も残っていない」と高笑い。そこへレスナーが現れ、レインズと睨み合った。笑顔で握手を交わすと油断したレインズを捕まえてF5で襲撃。ウーソズが駆けつけてもF5連打で返り討ちにしてリングを占拠した。その後、『サマースラム』でレインズとレスナーのWWEユニバーサル王座ラストマン・スタンディング戦が決まった。『サマースラム』は日本時間7月31日にWWEネットワークで配信される。