全日本は20日、7月シリーズ『2022 SUMMER ACTION SERIES』の一部カードを発表。三冠ヘビー級選手権試合「ジェイク・リーvs諏訪魔」が正式に決まった。

 6・19大田区大会でジェイクが宮原健斗との8ヵ月ぶりの決着戦を制し、5ヵ月ぶり2度目の三冠王座戴冠を果たした。試合後、諏訪魔が挑戦を表明し、ジェイクも受諾。7・14後楽園大会で初防衛戦が実現することになった。

 新日本・タイガーマスクが6・19大田区大会で佐藤光留を破って世界ジュニアヘビー級王座を奪取。試合後、田村男児とイザナギが同時に挑戦を表明した。迎撃を宣言したタイガーは7・14後楽園大会で田村との初防衛戦が決定。その勝者が7・18大阪大会でイザナギの挑戦を受ける。7・9横浜大会ではタイガーが藤田晃生、田村が井上凌とそれぞれ組んでの前哨戦も組まれた。藤田と井上は4・16後楽園還暦祭以来の再戦となる。

 7・18大阪大会では世界タッグ戦が組まれた。6・19大田区大会で石川修司&佐藤耕平を破って第91代王者となった芦野祥太郎&本田竜輝が次期挑戦者にT-Hawk&入江茂弘を指名。初防衛戦での迎撃が決まった。7・14後楽園大会では王者組が立花誠吾、挑戦者組がエル・リンダマンとそれぞれ組んでの前哨戦で激突する。

 7・14後楽園大会では青柳優馬と野村直矢の直接対決が実現する。6・19大田区大会で6ヵ月ぶりに古巣・全日本参戦を果たした野村は大森北斗に完勝。試合後「もっと強いヤツを用意しろ」と要求し、近藤修司に敗れた青柳に「興味がなくなった」と言い放ったうえで宮原、ジェイクの名前を挙げていた。が、昨年12・16後楽園大会における所属ラストマッチ以来7ヵ月ぶりとなる青柳との再会対決が決定。渡瀬瑞基とのREAL BLOODタッグで出陣し、青柳兄弟と対戦する。詳細は以下の通り。

☆7/9(土)神奈川・横浜 ラジアントホール『2022 SUMMER ACTION SERIES』17:00開始

▼世界ジュニアヘビー級選手権試合前哨戦
井上凌
田村男児
vs
藤田晃生
タイガーマスク

▼シングルマッチ
佐藤光留
vs
諏訪魔

▼タッグマッチ
大森隆男
石川修司
vs
本田竜輝
芦野祥太郎

※その他対戦カードは決定次第発表致します


☆7/14(木)東京・後楽園ホール『2022 SUMMER ACTION SERIES』18:30開始

▼タッグマッチ
渡瀬瑞基
野村直矢
vs
青柳亮生
青柳優馬

▼世界タッグ選手権試合前哨戦
入江茂弘
エル・リンダマン
T-Hawk
vs
立花誠吾
本田竜輝
芦野祥太郎

▼世界ジュニアヘビー級選手権試合
[挑戦者]
田村男児
(1/60)
タイガーマスク
[第62代王者]
※タイガー初防衛戦

▼三冠ヘビー級選手権試合
[挑戦者]
諏訪魔
(1/60)
ジェイク・リー
[第66代王者]
※ジェイク初防衛戦

[特別参戦選手]
永田裕志

▼塚本竜馬復帰戦

※その他対戦カードは決定次第お知らせ致します


☆7/18(月・祝)大阪・花博記念公園鶴見緑地ハナミズキホール『2022 SUMMER ACTION SERIES』14:00開始

▼世界ジュニアヘビー級選手権試合
[挑戦者]
イザナギ
(1/60)
7・14後楽園「タイガーマスクvs田村男児」の勝者
[王者]

▼世界タッグ選手権試合
[挑戦者]
入江茂弘
T-Hawk
(1/60)
本田竜輝
芦野祥太郎
[第91代王者]
※芦野&本田初防衛戦

[特別参戦選手]
永田裕志
ゼウス
ボディガー

※その他対戦カードは決定次第お知らせ致します