ネブラスカ州リンカーンのピナクル・バンク・アリーナで行われたロウが日本時間22日、配信され、ダブルヘッダーとなったアスカがロウ女子王座挑戦権を逸したものの、ベッキーとの予選を制して『マネー・イン・ザ・バンク』の女子MITBラダー戦出場を決めた。

 この日、ロウ女子王者ビアンカ・ブレアがオープニングに登場し、次期挑戦者リア・リプリーの欠場と挑戦者決定フェイタル5ウェイ戦の開催を発表。そこへアスカら5人が次々に現れて挑戦権を争うことになった。

 アスカは「アハハハハ、ベッキー泣いてるの? 赤ちゃんのように」と挑発。ベッキーに足を引っ張られてチャンスを妨害されると、マンハンドルスラムを決めたベッキーの勝機を潰して応戦。場外戦でもアスカはベッキーにハイキックを放ったが、最後はカーメラが王座挑戦権を奪取した。

 ロウ女子王座挑戦権を逸したアスカだったが、この日のメインでベッキーとの女子MITBラダー戦予選に臨んだ。花道で奇襲されても、スープレックス、ヒップアタック、アンクルロックの連続攻撃で攻め立て、終盤にはアスカロックやミサイルキックで追い込んだ。

 その後、ベッキーがレッグドロップで反撃したが、ディスアーマーを回避したアスカは強烈なラウンドハウスキックで顔面を射抜いて3カウントを奪取。予選を突破したアスカが女子MITBラダー戦出場を決めた。試合後のバックステージでアスカは「よっしゃ! ベッキーに勝ったぞ! これでMITBラダーマッチのチャンスを得た」と喜びを爆発。「絶対、今回もラダーマッチの勝者になってチャンピオンになるぞ。絶対だぞ」と王座奪還を見据えた。女子MITBラダー戦が行われる『マネー・イン・ザ・バンク』は日本時間7月3日にWWEネットワークで配信される。