7・3後楽園大会の『KING OF DDT 2022』準決勝、決勝戦へ向けた会見が23日、東京・千代田区の神田明神内で行われ、ベスト4に残った秋山準、樋口和貞、上野勇希、吉村直巳が出席。KO-D無差別級王座もかかった最終戦へ向けて秋山が「今こそ無差別のベルトを巻いて、DDTの強さを出さないといけない。僕に任せてもらいます」と初優勝とKO-D王座返り咲きを予告した。

 6・16新宿大会で開幕したDDT最強決定トーナメント『KING OF DDT 2022』は7・3後楽園大会で優勝者が決まる。準決勝の組み合わせは「秋山vs樋口」、「上野vs吉村」。その勝者が決勝戦を行い、優勝者は第79代KO-D無差別級王者に認定される。

 上野は「初めてプロレスを見たときから、DDTプロレスが世の中で一番面白いと思ってます。そこから選手になって、DDTが世間に届いてないのが本当に悔しいです。自分のどんなスキルを使ってでも、DDTを世間に広めることが大事」と団体への思い入れをむき出し。「それにはほかのどんなスキルより、プロレスが強くならないとダメなので。このトーナメントはそれを見せられるチャンス」と定め、「優勝したらチャンピオン。初めて見た人が“上野がチャンピオンって面白そう"と思ってくれるよう、優勝したいと思います」と誓った。

 対する吉村は「1回戦、クリス(ブルックス)、2回戦、HARASHIMAさん。この2人に勝ったことで、より大きさ、重さ、2回戦突破以上のものを背負っていると思います」と今トーナメントで戦いを重ねるごとに責任感を増してきている。だからこそ「この2人の思いを背負うというより、この結果を背負って。次の上野さんへの気持ちを語り出したら止まらないので、ここでは言いませんけど。もうHARASHIMAさんに勝った以上、優勝するしかない」と自らに優勝を義務づけ、「準決勝、上野さんに勝って、決勝はどっちがくるか分かりませんけど勝って優勝、KO-D無差別級チャンピオンになる。それがすべて」と頂点獲りを見据えた。

 一方、秋山と樋口はこれまでシングル1勝1敗で3度目の一騎打ちとなる。「このトーナメント、DDTプロレス、無差別級のベルト。個人としてはいろいろな思いがあります」という樋口は「準決勝、秋山準。ここに勝たなければいけないと思ってます。準決勝勝った上で、決勝も勝ち、無差別級のベルトを巻いて、DDTの強さの象徴になり、プロレス界でDDTは強いんだぞということを広めていきたい」と誓うばかり。「そして、その上で遠藤哲哉を待ちたいと思います」と改めて強調した。

 昨年3・28後楽園大会では当時のKO-D王者・秋山に挑戦。敗れた試合後、秋山からベルトを腰に巻くことを強要される屈辱を味わった。樋口は「あれから1年ちょっと経ちましたけど、あそこからいろいろなことを経験して、またこうやって秋山準の前に立てる。今回は必ずあの屈辱を吹き飛ばしたい」と1年前の悪夢を払しょくしたうえで“強さの象徴"となる構えだ。

 対する秋山は初優勝&KO-D王座返り咲きを果たし、バーニングの盟友・遠藤を待つ構えを見せている。準決勝へ向けて「樋口も強さという部分を口にしてるので、僕もDDTの強さを彼と見せられると思ってるので。その先にベルトなんで。まずここは精いっぱい、彼とどっちが強いのかを見せたい」と意気込み、「KING OF DDT、今こそ無差別のベルトを巻いて、DDTの強さを出さないといけない。僕に任せてもらいます」と言い切ってみせた。

 7・3後楽園大会は10日後。今現在のDDT最強の男となるKO-D無差別級新王者が間もなく決まる。