『2022 DYNAMITE SERIES〜北陸夏の大合戦〜』富山・黒部市総合体育センター メインアリーナ(2022年6月25日)
○諏訪魔&近藤修司vs永田裕志&田村男児×

 永田が明日6・26京都大会で実現するエース・宮原との遭遇に「この団体を誰が支えてるのか肌で感じたい」と高ぶっている。

 6・19大田区大会で4年ぶりの全日本参戦を果たした新日本・永田がこの日の黒部、明日の京都の2大会にも参戦。この日は田村をパートナーに、永田&近藤と対戦した。序盤から近藤をナガタロックIIで捕らえ、諏訪魔に立ち向かう田村をおぜん立てし、劣勢に追い込まれた田村に何度もゲキを飛ばした。

 田村が劣勢を打破すると、永田は近藤相手にミドルキック連打、ドライブスクリューで巻き返した。諏訪魔にはスリーパーで絞め上げられたが、ラストライドは決めさせず。ラリアットをかいくぐってエクスプロイダーで投げ飛ばした。

 だが、最後は田村が諏訪魔のバックドロップに沈んで敗戦。それでも永田は「日に日によくなってるぞ。日に日にお前の怒りが伝わってるよ」と田村を称え、凶器攻撃を連発する諏訪魔を「あのゴリライモ、凶器使わなきゃ相手いたぶれない弱虫ゴリライモだ」とバッサリ酷評した。

 すでにダブルグランドスラムも見据えているように、永田は「ゴリライモ退治だけに来たわけじゃないから。あれはあれでいいけど、もっと違った相手と戦わせてくれよ。いろんな景色を見に来たんだよ」と希望。それがさっそく明日6・26京都大会で叶う。エース・宮原とのタッグ対決が実現するのだ。

 全日本参戦に際し、映像などで宮原の姿を目にしたというが、「この団体を誰が支えてるのか、少しずつ感じてるから。見て感じてるだけだったけど、これから俺は肌で感じたい」というのが永田の願い。「これを待ってましたよ。ゴリライモは10年前に散々嫌っていうほど十分味わってんだ。当たっても大して成長してねぇ。じゃあ、この全日本プロレスを支えてる若い力って誰なのか。それを感じたかった。明日ようやくその柱の一本と遭遇できる」と高揚感をむき出しにした。

 54歳となった今なお元気いっぱい。「お前(田村)が横にいて、対戦相手に全日本プロレスを支えている相手がいることで、俺はまだまだやれる」と言い切った永田はエース・宮原との対決で存在感を見せつける。

【試合後の永田&田村】
▼永田「田村!」

▼田村「はい!」

▼永田「大丈夫か? 日に日によくなってるぞ。日に日にお前の怒りが伝わってるよ」

▼田村「はい」

▼永田「前はプッシュアップバーって小細工用意して、今日はイスだよ。それだけお前の怒りが高まってる。あのゴリライモ、凶器使わなきゃ相手いたぶれない弱虫ゴリライモだ。わかった? お前は堂々と顔上げて相手にらみつけて、それにひるんでんだ」

▼田村「僕が全然、足下に及ばない感じで、いつも圧勝されてる感じで…」

▼永田「いや、少しずつ良くなってるよ。少しずつ気持ちが伝わってる。最初はプッシュバー、今日はテーブル、なぜあれを使ったか? こいつに恐怖を感じた。こいつのやられてもやられてもめげない精神。これがあのゴリライモに伝わってんだよ。俺はこの全日本プロレスに3戦目だけど、ゴリライモ退治だけに来たわけじゃないから。あれはあれでいいけど、もっと違った相手と戦わせてくれよ。いろんな景色を見に来たんだよ、今回の全日本プロレス参戦は。もちろん4年前きた時とは選手もガラッと変わって若返ってるよ。じゃあその若返ってる人間、この団体を誰が支えてるのか、少しずつ感じてるから。見て感じてるだけだったけど、これから俺は肌で感じたい。だからゴリライモばっかり目の前に出すんじゃないって。柱と言われるヤツをどんどん俺の前に出してくれよ、全日本プロレスさん。こいつはこいつは俺がしっかり面倒見てんだから」

――明日の京都大会で宮原選手と当たるが?

▼永田「いいじゃないですか。これを待ってましたよ。ゴリライモは10年前に散々嫌っていうほど十分味わってんだ。当たっても大して成長してねぇ。じゃあ、この全日本プロレスを支えてる若い力って誰なのか。それを感じたかった。明日ようやくその柱の一本と遭遇できるから。田村、頼むよ。俺はそういう若いエキスを吸わないと退化する一方だ。お前が横にいて、対戦相手に全日本プロレスを支えている相手がいることで、俺はまだまだやれる。また明日もよろしく」

▼田村「はい。よろしくお願いします!」