『DRAMATIC DREAM TOUR 2022 in YOKOHAMA』が3日、神奈川・横浜 ラジアントホールで行われ、樋口和貞が『KING OF DDT 2022』準決勝(7・3後楽園)へ向けた秋山準との前哨戦を制し、優勝へ向けて自信を深めた。

 7・3後楽園大会でのKING OF DDT準決勝で対決する樋口と秋山がこの日のセミファイナルで前哨戦に臨んだ。樋口が坂口征夫、秋山が岡田佑介とそれぞれ組んで激突。先発で対峙した両者はショルダータックル合戦でぶつかり合い、場外戦でも樋口がチョップ、秋山がエルボーを打ち合って激しく火花を散らした。

 チョップが鉄柱に誤爆した樋口だったが、リングに戻ると、串刺しチョップ連打、串刺しラリアット、ブレーンバスターの猛攻で攻め立てた。秋山がエクスプロイダーで投げても、樋口はラリアットで応戦。相手が岡田に代わってもぶちかまし、串刺しラリアット、アバランシュホールド、ジャンピングビッグブーツと怒涛の攻めで圧倒。最後はブレーンクロー・スラムを豪快に決めて3カウントを奪った。

 樋口が秋山の眼前で快勝。KO-D無差別級王座もかかるKING OF DDT初制覇へ向けて弾みをつけ、「次、後楽園で準決勝。相手は秋山準。ぶっ倒して俺がベルトを巻く」と豪語した。バックステージでも樋口は「今日でいけるって、そういうのはつかんだ。必ず準決勝、秋山準をぶっ倒して。逆のブロック、上野(勇希)か吉村(直巳)か、どっちか分からんけど、上がってきたほうを倒して、俺がベルトを巻く」と繰り返し強調。「秋山には坂口さんも負けてるし、Eruptionとしても、DDTの樋口としても、ここで負けるわけにはいかない。必ず上り詰めて、俺が強さの象徴になって、DDTを引っ張っていく」との覚悟を示した。

 かたや秋山は「あとは準決勝、決勝。絶対勝つから。まだKING OF DDT、優勝したことないから。必ずベルト巻いて、遠藤(哲哉)の前に立つ」と改めて宣言。「(樋口は)元気だよ。俺も元気だから。俺も夏にかけてどんどん元気になってくるから。7月3日なんて、ちょうど元気の真っ盛り」と言い切ってみせた。

 また、準決勝で上野勇希と対戦する吉村直巳は第4試合で若手の高鹿佑也と一騎打ち。エルボー連打、アームロックで必死の攻めを見せる高鹿を必殺の払腰で料理し、「高鹿、次はもっと頑張れ。今の俺を倒したかったら、お前じゃぬるすぎる。このトーナメント、俺が絶対に優勝して、KO-D無差別のベルトを俺のものにするから」と誓っていた。