『SUNNY VOYAGE 2022』山形ビッグウイング(2022年7月3日)
HAYATA&小川良成&進祐哉&vsNOSAWA論外&鈴木鼓太郎&スペル・クレイジー(無効試合)

 7・16日本武道館大会でHAYATAのGHCジュニア王座に挑戦する吉岡世起が、“試合中襲撃"を敢行してHAYATAを完全KO。ベルトを持ち去って手段を選ばぬ姿勢を鮮明にした。

 山形大会の第6試合で行われたGHCジュニアタッグ王座戦「(王者)小川&リッジウェイvsEita&鼓太郎(挑戦者)」(7・16日本武道館)に向けた前哨戦。前夜の郡山大会でPERROS DEL MAL DE JAPON勢から屈辱の袋叩きに遭っていた小川は、ジュニア正規軍が着用する緑のノア・ベースボールシャツ姿で現れてペロス勢を戸惑わせつつ大暴れ。ペロスも徹底的にラフで抗戦して目まぐるしい攻防が続いたが、終盤にHAYATAがクレイジーを追い込んで403インパクトで仕留めにかかったその時だった。

 走り込んできた吉岡が公然とHAYATAを殴りつけて阻止。ノーコンテストのゴングが打ち鳴らされるなか、フロントハイキックでHAYATAを、トラースキックで小川を、そしてコードブレイカーで進を次々に切り裂いて“古巣"STINGER勢を全員大の字にするや、HAYATAをバズソーキックからのカカト落としで完全にKOしてリング上に仁王立ちした。

 HAYATAからベルトを奪うために決意のSTINGER脱退を果たした吉岡が、手段を選ばずに王座奪取への決意を示した形。そのままHAYATAのベルトを持ち去った吉岡は「このベルトを獲るために、俺はすべてを懸けてるんだ。日本武道館でHAYATAをKOします」と強調したものの、「これ、7月16日・日本武道館で改めて獲りにいくとHAYATAに伝えといてください」とバックステージではスタッフを通じて“一旦"返却した。舞台は武道館のセミファイナル。次は力で、誰もが認める形で奪い取る。

【吉岡の話】「(ベルトを示しながら)このベルトを獲るために、俺はすべてを懸けてるんだ。日本武道館でHAYATAをKOします。これ、7月16日・日本武道館で改めて獲りにいくとHAYATAに伝えといてください。(※とその場でスタッフにベルトを返却)」