全日本は15日、7・24千葉、7・29新木場両大会の全カードを発表。アジアタッグ選手権試合「稔&歳三vs大森隆男&井上凌」が正式に決まった。

 7・14後楽園大会で稔&歳三のブードゥー・マーダーズコンビが大森北斗&児玉裕輔を破ってアジアタッグ王座を奪取。試合後、大森が挑戦を意思表示し、井上がパートナーに名乗りを上げたことで、7・29新木場大会での稔&歳三初防衛戦が決まった。大森は高山善廣とのノーフィアーで第66代王者となって以来、実に23年ぶり3度目のアジア戴冠を狙う。井上はデビューから約7ヵ月でタイトル初挑戦となる。

 7・24千葉大会では「王道トーナメントスペシャルシングルマッチ」が行われる。トーナメント出場選手対決となり、「宮原健斗vs青柳亮生」、「ヨシタツvs青柳優馬」、「石川修司vs本田竜輝」、「田村男児vs綾部蓮」の4試合が組まれた。いずれの組み合わせも互いに決勝戦に勝ち上がらないと実現しない一戦となる。

 また、7・9横浜大会に続く「諏訪魔vs佐藤光留」の一騎打ちが決まった。前回はノーコンテストに終わっており、7・14後楽園大会で光留が「この間の横浜。あれがお前がやりたかったことなのか? 俺たちを捨て、全日本プロレスを裏切り、元大黒柱と言われたそんなお前がやりたかったことなのか? 俺の知っているブードゥーは違ったよ。もう少し骨があったよ。決着つけようぜ、諏訪魔」と要求し、再戦が実現することになった。詳細は以下の通り。


☆7/24(日)千葉・2AWスクエア『2022 SUMMER ACTION SERIES』13:00開始

▼タッグマッチ
サイラス
TAJIRI
vs
ブラックめんそーれ
イザナギ

▼タッグマッチ
井上凌
大森隆男
vs
立花誠吾
芦野祥太郎

▼シングルマッチ
佐藤光留
vs
諏訪魔

▼決勝まで行かないと実現しない、王道トーナメントスペシャルシングルマッチ
綾部蓮
(1/15)
田村男児

▼決勝まで行かないと実現しない、王道トーナメントスペシャルシングルマッチ
本田竜輝
(1/15)
石川修司

▼決勝まで行かないと実現しない、王道トーナメントスペシャルシングルマッチ
青柳優馬
(1/15)
ヨシタツ

▼決勝まで行かないと実現しない、王道トーナメントスペシャルシングルマッチ
青柳亮生
(1/15)
宮原健斗

▼タッグマッチ
渡瀬瑞基
野村直矢
vs
大森北斗
ジェイク・リー

※試合順は決定次第お知らせ致します


☆7/29(金)東京・新木場1stRING『2022 SUMMER ACTION SERIES』18:30開始

▼シングルマッチ
ブラックめんそーれ
vs
大森北斗

▼タッグマッチ
田村男児
佐藤光留
vs
イザナギ
ヨシタツ

▼タッグマッチ
サイラス
TAJIRI
vs
綾部蓮
石川修司

▼タッグマッチ
本田竜輝
芦野祥太郎
vs
KONO
諏訪魔

▼6人タッグマッチ
青柳亮生
青柳優馬
ジェイク・リー
vs
野村卓矢
ライジングHAYATO
宮原健斗

▼アジアタッグ選手権試合
[挑戦者]
井上凌
大森隆男
(1/60)
歳三

[第113代王者]
※稔&歳三初防衛戦

※試合順は決定次第お知らせ致します