『ABEMA presents DESTINATION 2022』日本武道館(2022年7月16日)
GHCジュニアヘビー級選手権試合 ○HAYATAvs吉岡世起×

 日本武道館大会のセミファイナルで行われたGHCジュニア王座戦は、王者HAYATAがスリリングな激戦の末に吉岡の挑戦を退けて3度目の防衛に成功。次期防衛戦は近藤修司との激突が決定的となった。

 1ヶ月前までは同じ“STINGER"で共闘していた両雄。吉岡が決意のSTINGER脱退を果たして、王者にキバを剥いた。“キャリア最高の状態"にまで肉体を研ぎ澄まし、タイトルマッチに向けてもバズソーキック、クラッシュドライバー、ネリョチャギ、右ハイキック…と実に4度に渡ってHAYATAをKOしてきた。

 水色の新コスチュームで登場した吉岡は、前哨戦同様に鋭い蹴りを多用して躍動したものの、王者・HAYATAは挑戦者の生命線である足殺しに着手。試合を掌握して優勢に進めた。

 だが、吉岡も引かず。エプロンに追い込まれてスラディングキックでヒザを狙われた瞬間、ジャンプして避けると、場外に転落した王者めがけてケブラーダを敢行。ハイレベルかつハイスピードの先読み合戦を制し、バズソーキックやクロックストライクなどで王者を追い詰めた。

 HAYATAもニークラッシャーで再び足攻めに転じたものの、必殺の403インパクトは吉岡が意地のキックアウト。ヘデック狙いを踏ん張り、逆にクラッシュドライバーを繰り出して千載一遇の好機を掴む。前哨戦で王者を沈めたバズソーキックで仕留めにかかったものの、HAYATAはヒザを蹴り飛ばして阻止。苦もんする吉岡に、間髪入れずに403インパクト、ヘデックを連発して、一気に接戦を制した。

 スリリングな激戦を制してHAYATAが3度目の防衛に成功。吉岡と入れ代わるようにリングに現れたのは、ノアで“金剛"の助っ人的存在として活動する超実力者・近藤だった。疲労困ぱいで動けないHAYATAに対し、近藤は「おい、俺が今、このリングに立っている意味がわかるか? 何だ、お前。喋らないらしいな。高倉健でも気取ってるのか?」と挑発。さらに、「俺が昔、このベルトを巻いてたこと知ってるか? そのベルトを返してくれ」と第25代王者である実績を盾に挑戦表明をぶち上げた。

 近藤は「どうせお前は今日ここで何にも喋らないんだから…」と斬り捨てようとするも、HAYATAはマイクを奪い取り、「お前を倒して、このベルトの価値を上げたる。次の挑戦者はお前や」と言い返して対戦に同意。両者の対戦が決定的となった。

【HAYATAの話】「他団体の挑戦者が来たのは正直嬉しい。ベルトの価値をもっと上げて、そして勝つのは俺や」

【近藤の話】「喋れるんだね。高倉健を気取ってんだな、お前は。まあいい。欲が出てきて。ベルトが欲しくてしょうがない。もともと俺が巻いてたんだから。返してもらう権利もあるだろ? まあ、いつやるかわからないけど、楽しみだ」