『STAR NAVIGATION 2022』東京・後楽園ホール(2022年7月21日)
オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合 ○Eita&NOSAWA論外&鈴木鼓太郎vsYAMATO&ドラゴン・キッド&Kagetora×

 DRAGONGATEのYAMATOがノア初参戦。ドラゴン・キッド&kagetoraとの『HIGH-END』トリオで、“PERROS DEL MAL DE JAPON"論外&Eita&鼓太郎組の持つオープン・ザ・トライアングルゲート王座に挑戦したものの、ベルト奪回に失敗。試合後、論外がYAMATOに一騎打ちを要求すれば、DRAGONGATEマットから次期挑戦者としてM3Kが来場、さらにペロス軍が小川良成&進祐哉をKOし、ジュニア戦線はさらなる混とんに包まれた。

 DRAGONGATE6・26春日部大会で初防衛に成功した論外が、その場でYAMATOらHIGH-ENDを次期挑戦者に指名し、YAMATOノア初参戦となるV2戦が決定。DRAGONGATEが管理するタイトルのため、ノアでは珍しいノータッチルールで試合は行われた。

 他団体に流出した至宝を取り戻すべく、YAMATOたちは序盤から奮戦。握手を求めてきた論外を背後から襲撃するなどなりふり構わぬ攻撃を見せ、Eitaから「卑怯だぞ」と罵声を浴びる。連係攻撃でペロス軍を圧倒すると、YAMATOが鼓太郎をコーナー上で肩車。そこにキッドが飛びついての雪崩式フランケンを繰り出す荒技で大チャンスを掴むと、キッドは体勢を崩しながらもEitaにウルトラウラカンラナを敢行した。

 しかし、鼓太郎のカットが間に合うと、流れはペロス軍へ。鼓太郎が脇腹へのエルボーやブルーディスティニーでKagetoraの動きを止めると、セコンドのスペル・クレイジーが場外からYAMATOの足をすくい、そのまま足止めして介入する。孤立したKagetoraは必死に奮闘したものの、場外の論外から足を取られてスキが生まれた瞬間、EitaがImperial Unoをズバリ。そのままKagetoraが沈み、HIGH-ENDはベルト奪還できなかった。

 ペロス軍がトラアングルゲートを死守。試合後には新たな動きがいくつも巻き起こった。まず動いたのは論外。マイクで「おい、俺はこんなベルトどうだっていいんだ。おい、YAMATO。次、ノアのリングで俺とシングルマッチやろうぜ」と要求し、「お前のこともっとぶん殴りてえんだよ」と吠えると、YAMATOも「俺もだよ」と応戦して、両者の一騎打ちが浮上する。

 HIGH-ENDがリングを去ると、入れ代わるように現れたのがDRAGONGATEのユニット・M3Kだ。キックボード、金髪、スカジャンをトレードマークにして、かつてDRAGONGATEマットで暴れ回っていたM2Kが復活し、そこに望月マサアキ(成晃)の実の息子である望月ジュニアがデビューと同時に合流し、M3Kは始動したばかりだった。

 望月親子は望月ススムとともにリングイン。ジュニアが「ノアファンの皆様はじめまして。先日デビューさせていただきました望月ジュニアです。父がお世話になっています。よろしくお願いします」と丁寧にあいさつすると、マサアキは「来週、DRAGONGATE年間最大のビッグマッチ神戸ワールド記念ホール大会がある。そこで挑戦するには今日来るしかなかったからな。俺たちの挑戦受けてくれるよな?」と迫った。論外は「いい年してそんな格好恥ずかしくないのか? それから小僧。本当はそんな格好したくないんだよな?」と嘲笑するも最終的に受諾。DRAGONGATEの7・30&7・31神戸ワールド記念ホール2連戦での対戦が決定的となった。

 事件はさらに続く。7・16武道館大会でEitaは小川からGHCジュニアタッグのベルトを強奪していたが、この日もリング上で見せつけて、「俺がGHCジュニアタッグチャンピオンだ! 俺はチャンピオンだ。誰の挑戦でも受けてやるからな。誰でもいいからかかってこいよ」とやりたい放題にアピール。そこを小川が襲撃してベルト奪還に動いたものの失敗し、逆にEitaのImperial Unoを食らってKOされ、救出に飛び込んだ進もろとも一方的に暴行された。

 小川と進は花道、さらにはバックステージでもペロス軍に襲いかかるも、結局ベルトは奪還できず。「小川、本当にお前、俺らのことが好きなんだな」と不敵な笑みを浮かべたEitaは「明日、カード決まってるけどよ、そんなのどうだっていいんだ。変更しろ」と明日(22日)後楽園大会のカード変更を要求しており、この混とんは翌日にも尾を引きそうだ。

【試合後の論外&Eita&鼓太郎】
▼Eita「ホントに好きだな、小川」

▼論外「俺たちが中心なんだよ。ノアでもDRAGONGATEでも」

▼Eita「その通りだよ」

▼論外「親バカも今日来ただろ? やってやるよ。神戸行ってやるよ」

▼Eita「神戸だ、神戸」

▼論外「仕方がねえから行ってやる」

▼Eita「小川、ホントにお前、俺らのことが好きなんだな。明日、カード決まってるけどよ、そんなのどうだっていいんだ。変更しろ。カード変更しろ」

※ここで小川と進が襲撃し、両軍が大乱闘。小川はベルトを奪おうとするが、Eitaは離さない

▼論外「明日カード変更だ、コノヤロー。カード変更だ」

※そのまま乱闘を繰り広げ、進をベルト攻撃でKOすると、ペロス軍は控え室に小川を連行していく

【試合後のYAMATO&キッド】
▼YAMATO「クソッタレ。Kagetoraさん大丈夫ですか? 好き放題やってくれたな」

▼キッド「もちろん向こうもスキを狙って。こっちも取れるところをちゃんと逃しているから」

▼YAMATO「しょうがない、しょうがない。しょうがないよ。キッドさんはしょうがない。Kagetoraさんはしょうがない。だけど、なんだよ? 最後、あいつら。M3Kか。ここはノアのリングだからな」

▼キッド「来た?」

▼YAMATO「来たよ、今。俺らは刺身のツマか。クソ。まあ、いいや。おい、NOSAWA論外。お前、俺とシングルマッチやりてぇって言ったな。俺はどこでもいいぞ。吐いたツバ飲むなよ。俺はどうなっても知らないからな。もう一度言う。吐いたツバ飲むなよ。わかったな?」

【マサアキの話】「今日はね、てっきりHIGH-ENDが取り返してくれると思ったら。一応、ワールド記念ホールまで1週間ちょっとしかないんで、勝ったほうに挑戦表明しに来たんですけど。まあ、ノアさんのリングでやるわけじゃないんですけど、本当にすいません。お邪魔いたしました。まあでも、ノアファンの皆さんにジュニアを紹介できたのもよかったなと思いますんで。いずれはね、こいつはまだまだですけど、もし機会があったら、この3人でノアさんのリングに上がれたらと思いますので。ぜひともM3Kお見知りおきください。今日はありがとうございました」