『G1 CLIMAX 32』東京・大田区総合体育館(2022年7月23日)
Cブロック公式戦 ○ザック・セイバーJr.vsアーロン・ヘナーレ×

 ザックが絶好調をキープするヘナーレの猛攻に苦しんだものの、最後は足関節に絡め取って会心の一本勝ち。今G1で開幕2連勝を飾った。

 自分と同じくプロレスリング・ノアにルーツを持つKENTAを破ったザック、そして、棚橋から殊勲の勝利を上げたヘナーレ。初戦から最高のスタートを切った2人が、G1公式戦2戦目で初めてのシングルマッチを行った。

 ギブアップ勝ちを予告していたヘナーレがパワーを活かして先制する。ザックは得意の関節技で反撃に出たものの、ヘナーレは反転式の三角蹴りやボディブロー、ローキックなどムエタイ仕込みの打撃を駆使して追い討ちした。ザックは足関節狙いで鎮圧に動くが、パワーを活かしたヘナーレペースが続く。

 ザックはネックツイストでヘナーレを足止めし、ようやく反撃に出る。ネックロック、コブラツイストで絞め上げると、ボディブローや頭突きに被弾してぐらいついたものの、蹴り足をキャッチしてアンクルホールドへ。ヘナーレはニアロープに救われ、場外に退避した。

 あとを追ったザックはローキックで足を狙うも、ヘナーレはカウンターのヒザ蹴りで反攻。ザックがフロントネックロックで飛びついてきても、ブレーンバスターで引っこ抜き、場外マットに叩きつける。リングに戻っても、串刺しニー、サッカーボールキック、バーサーカーボムと猛攻。ザックのビンタ連打を真っ向から受け止め、エルボースタンプからスピニングハイキックに。

 ザックは蹴り足を掴んでヒザを攻めると、胸板にサッカーボールキックを連打したものの、ヘナーレの勢いは止まらない。ランペイジでマットに叩きつけ、豪快なダイビングセントーンを落とすと、ザックの抵抗をものともせずにアルティマにしつこく捕らえる。だが、完璧に極めさせないザックは腕へのオーバーヘッドキックで抵抗。ボディブローを食らうと苦しむが、Streets of Rage狙いを読んで左足に絡みつくと、変型アキレス腱固めで一瞬にしてギブアップを奪った。

 逸材狩りで勢いに乗るヘナーレから一本勝ちを奪ってザックが開幕2連勝。それでもヘナーレの猛攻は苦しかったようで、バックステージでは脇腹を押さえて倒れ込み、「ヘナーレはけしてラクな相手じゃないと思っていたけど、これほど危険な相手だったとはな? あいつは本当に強い男だということはわかっている」と高く評価していた。

 なにはともあれ、無傷の連勝をキープしたザック。次戦となる7・30名古屋大会では3連勝を懸けて棚橋弘至と対戦する。