WWEは米国時間月22日、トリプルHことポール・レベスクが選手発掘、育成を管理するタレント・リレーション部門の責任者に復帰すると発表した。

 昨年、体調不良を理由に休業していたレベスクだが、幹部職復帰が決定。「タレント・リレーション部門の責任者として以前のポジションに戻れることを楽しみにしている。私は健康でやる気に満ちており、指揮を取る準備ができている」と意気込んでいる。なお、併せてビンス・マクマホン会長が引退を表明。WWEの運営体制がここにきて帰路を迎えた。