『Summer Vacation 2022』が24日、東京・後楽園ホールで行われ、チーム名が“ハリマオ"に決まった樋口和貞&吉村直巳がMAO&朱崇花を破り、KO-Dタッグ王座を戴冠。2冠王となったKO-D無差別級王者・樋口が遠藤哲哉を次期挑戦者に指名し、8・20大田区大会でのタイトル戦が決まった。

 この日、KO-Dタッグ王座に挑戦した樋口&吉村のチーム名がハリマオに決まった。二人は持ち前のパワーで攻め込んだが、樋口がMAO&朱崇花の合体雪崩式不知火の餌食に。その後もMAOの竜巻旋風脚を食らって劣勢に追い込まれたが、樋口は後頭部へのラリアットで逆襲した。

 ここからハリマオは好連係を連発して流れを引き寄せた。サンドウィッチラリアットをMAOに繰り出すと、合体式ハイジャック・パワーボムで朱崇花を叩きつけた。MAOが掌底連打で反撃しても、樋口はぶちかましで返り討ち。ブレーンクロー・スラムを豪快に決めて3カウントを奪った。

 ハリマオがタッグ結成からわずか約半月でKO-Dタッグ王座をもぎ取った。KO-D無差別級王者の樋口は2冠王に君臨。「自分は晴れて2冠王になりました。先が決まってるけど、相手が決まってない。8月20日、大田区総合体育館。遠藤哲哉、返答を求めたい」と改めて初防衛戦の相手にこの日、復帰を果たした遠藤を指名した。

 呼応してリングにやってきた遠藤は「樋口、俺がいないDDTを支えてくれてありがとう。吉村にも感謝してる」と感謝した。この日42日ぶりの復帰を果たしたばかりでいきなり大勝負となるが、「今日復帰戦で立ち上がったけど、皆さんに恩を返せてない。俺がそのベルトをまた巻いて、DDTのトップに立つことで支えてくれた全員に恩返ししたい.樋口からの指名ではなく、俺の気持ちで8・20大田区、俺に挑戦させてくれ」とアピール。両者がガッチリ握手を交わし、8・20大田区大会でのKO-D戦が決まった。

 バックステージで樋口は「タッグベルトに関しては感慨深い。それを吉村と獲れたのはうれしい」と喜びを表現。念願かなって遠藤迎撃が決まり、「俺は遠藤哲哉を倒してベルトを獲ったわけじゃない。男と男の勝負をして、どっちがチャンピオンにふさわしいか白黒つけるんだ」と頂点争いへ向けて気合を入れた。

 復帰早々、無差別級王座への挑戦が決まった遠藤は「指名があったっていうことではなく、挑戦表明したのは遠藤哲哉の意志です」と強調した。返上から約2ヵ月で返り咲きのチャンスを得て「今日復帰戦、こうやって立ち上がることはできましたけど、ここから前に進む。支えてくれた皆さんに恩返しするのはベルトを獲らなきゃいけないと思うんです」と前進あるのみ。「樋口は強敵です。今までとは人が変わったような。その樋口に勝てるかどうか。遠藤哲哉のプロレス人生第2章かな」と樋口の進化を実感しつつ8・20大田区大会へ向けて気を引き締めていた。

☆8/20(土)東京・大田区総合体育館『WRESTLE PETER PAN 2022』12:30開場、14:00開始

▼KO-D無差別級選手権試合
[挑戦者]
遠藤哲哉
vs
樋口和貞
[第79代王者]
※樋口初防衛戦