『Summer Vacation 2022』が24日、東京・後楽園ホールで行われ、DDT UNIVERSAL王者・高梨将弘が岡田佑介を退け、初防衛に成功。8・20大田区大会で元王者でもある上野勇希を迎え撃つことが決まった。

 この日、高梨がUNIVERSAL王座初防衛戦を迎えた。相手はこれが2度目の同王座挑戦となる岡田。トペ・スイシーダ、ミサイルキックで先制を許した高梨だったが、足4の字固め、サソリ固めと足攻めで主導権を握ってジリジリと追い込んだ。岡田もインターセプト、ダイビング・ヘッドバットと得意技を重ね、バックドロップ連発で活路を見出そうとしたものの、最後は高梨がトラースキックからタカタニックを決めて3カウントを奪った。

 高梨がUNIVERSAL王座初防衛に成功した。直前会見で上野との防衛戦実現を描いていたが、この日、当の本人は欠場。今林久弥GMが「欠場させていただいてる身ですが、王者から指名してもらったなら断る理由はありません。ぜひ挑戦させてください」とのメッセージを代読し、8・20大田区大会でのタイトル戦決定をアナウンスした。

 希望がかなった高梨は「上野、これは俺によるDDTでの挑戦ロード。そして、その道で絶対に外せない相手がお前だって、このベルトを獲ったときから思ってたんだ」とメッセージ。「もしかしたらお前がデビューしたときから、ずっとどこかでいつかこいつと、そういう舞台でやるだろうと感じさせた選手がお前だ。お前との初シングル。大田区で、このベルトを持って待ってるからな」と思い入れたっぷりに投げかけた。

 バックステージで高梨は「上野、俺が言った新しい世代、それを象徴する一人。あれを倒したら、新しい世代とも一巡したことになるんじゃないのか?」と新世代総なめを予告。「そしたら、外に散らばってった新しい世代ってヤツがいるだろ。大田区に久しぶりに里帰りするヤツもいるじゃねぇか。そういうヤツもチャンピオン権限で目を向けて指名させていただきたいと思ってるよ」とその先のプランを明かしていた。

☆8/20(土)東京・大田区総合体育館『WRESTLE PETER PAN 2022』12:30開場、14:00開始

▼DDT UNIVERSAL選手権試合
[挑戦者]
上野勇希
vs
高梨将弘
[第7代王者]
※高梨2度目の防衛戦