『Summer Vacation 2022』が24日、東京・後楽園ホールで行われ、フェロモンズに謎の白ブリーフ男が加入。その正体が8・14後楽園大会で判明することになった。

 フェロモンズ壊滅へ向けて立ち上がった高木三四郎がこの日、大鷲透&伊橋剛太と組み、飯野“セクシー"雄貴、男色“ダンディ"ディーノ、今成“ファンタスティック"夢人組と激突した。伊橋がトランクスを脱いで飯野に対抗。コーナー上で尻を突き出し、そこにディーノ、今成を突っ込ませた。飯野にカンチョーを繰り出した高木の指が抜けなくなる場面もあったものの、高木がスタナー、伊橋がムーンサルトプレスを決めて飯野を追い込んだ。

 フェロモンズのピンチに赤い覆面の上にパンストを被った白ブリーフ男が乱入してきた。謎の男はブリーフを脱ぐと、中澤マイケルのアルティメット・ベノムアームさながらに伊橋の顔面に押しつけた。そして、最後は飯野がケツゴェで伊橋をギブアップに追い込んだ。

 新メンバーを投入して高木組を返り討ちにしたディーノは「数の暴力には屈さない。ならばこっちも増員するまでだ」と対抗策を講じていたことに胸を張った。気になるのがその男の正体。ディーノは「誰でしょうね? マイケル? マイケルじゃないとだけは言っておこう。この状態が8月14日まで続くんだ」と宣言し、8・14後楽園大会で明らかとする意向を示した。

 また、腰椎骨折のため長期欠場していた大石真翔がこの日の第1試合で1年ぶりの復帰戦に臨んだ。平田一喜と組み、彰人&ヤス・ウラノ組と対戦したが、大石の入場中にウラノが首固めで平田を丸め込んで3カウント。これに激怒した今林GMが再試合を指令すると、大石はスイングDDT、ミラクルエクスタシーを決めるなど復調ぶりをアピールした。が、最後は平田が彰人のアンクルホールドにあえなくタップ。復帰戦を白星で飾れなかった大石は「必ずKO-D無差別級のベルトにたどり着く」と誓っていた。

☆8/14(日)東京・後楽園ホール『Road to PETER PAN 2022 in KORAKUEN〜みんなで声出そう!〜』17:30開場、18:30開始

▼6人タッグマッチ
高尾蒼馬
大鷲透
高木三四郎
vs
X
男色“ダンディ"ディーノ
飯野“セクシー"雄貴
with 今成“ファンタスティック"夢人


☆8/20(土)東京・大田区総合体育館『WRESTLE PETER PAN 2022』12:30開場、14:00開始

▼3WAY6人タッグマッチ
アントーニオ本多
平田一喜
大鷲透
vs
スーパー・ササダンゴ・マシン
納谷幸男
火野裕士
vs
X
男色“ダンディ"ディーノ
飯野“セクシー"雄貴
with 今成“ファンタスティック"夢人