『G1 CLIMAX 32』東京・後楽園ホール(2022年7月26日)
Bブロック公式戦 ○チェーズ・オーエンズvsグレート-O-カーン×

 全勝優勝を予告していたオーカーンがオーエンズに敗れて初戦黒星を喫したものの、「目標をかなえただけじゃねぇか。G1優勝、間違いはねぇな」と強気に言い放った。

 2年連続出場となったオーカーンがこの日、G1初戦を迎えた。相手は初戦でタマ・トンガに敗れたオーエンズ。開幕前に「目標ねえ? まぁ“負けること"じゃねえか? 全勝優勝は確定してるんだからな」と豪語していたオーカーンだが、初戦から早くもそれが現実となった。

 オーカーンは入場直後にパウダー攻撃を見舞われ、トラースキック、スイングネックブリーカードロップでいきなり3カウント寸前に追い込まれた。視界を奪われたオーカーンの反撃はことごとく空を切り、オーエンズのノーザンライトスープレックスで追撃されると、左足攻めに苦もんの連続となった。

 それでもオーカーンは高速ブレーンバスターやモンゴリアンチョップ連打で反撃を開始。串刺し延髄ラリアット、コーナーに逆さ吊りにしての串刺しスライディングキックと攻勢に出た。ロープ越しのコードブレイカー、ショートレンジラリアットで反撃されても、場外戦になるとオーエンスの顔面を何度もエプロンに叩きつけ、「バスケットは好きか? スラムダンクだ!」とスタンガンの要領でエプロンに顔面から叩き落とした。

 粘るオーエンズもソバットで反撃し、回転エビ固めでオーカーンをコーナーマットに叩きつけた。Cトリガーをアイアンクローで食い止めたオーカーンは大空スバル式羊殺しで捕獲。オーエンズが耐えてもTTDで追い討ちをかけた。が、エプロンに追いやられたオーエンズが両手を取って引き込むと、オーカーンはロープに激突。そのスキを突いたオーエンズがパッケージドライバーを爆発させると、オーカーンは返せず3カウントを聞いた。

 オーカーンがまさかの初戦黒星。皮肉にも目標としていた「負けること」を早くも達成してしまい、全勝優勝が消滅した。それでもオーカーンは「目標をかなえただけじゃねぇか」と強気の姿勢を崩さず、「G1優勝、間違いはねぇな」と豪語してみせた。オーカーンの2戦目は7・30名古屋大会のSANADA戦となる。

 一方、オーエンズは2戦目にして初白星。「グレート-O-カーン、これで4-0だ。お前はシングルマッチで一度も俺に勝てたことがない」と勝ち誇った。次戦は7・31名古屋大会のジェイ戦。BULLET CLUB対決へ向けて「話し合いが必要だな。ジェイを探しにいかないと」と出来レースをほのめかしていた。

【オーエンズの話】「マジで…マジで…家のネットでこれを見てるお前らバカたちは、いつになったら、俺は世界最高のレスラーの1人である事実に気づくんだ!? 俺が闘っているのは世界最高のレスラーたちが競い合うニュージャパン・プロレスのリングだぞ! (文句を言うファンの声真似をし)『チェーズが負ける。いつもそうだろ。なんでまだ試合をしていられるんだ?』(通常の声に戻して)それは俺がどんな結果であれ、常にすごい試合をしてるからだ。結果といえば、グレート-O-カーン。これで4-0だ。お前はシングルマッチで1度も俺に勝てたことがない。俺に勝ったタマ・トンガは頭で俺を上回っていたってことか。しかし、グレート-O-カーンは俺を倒すことができなかった。次はジェイ・ホワイト!? で、合ってる!? ナゴヤで!? (長い沈黙後)話し合いが必要だな。ジェイを探しに行かないと。ジェイ! ジェイ、どこ行った!? SWITCHBLADE!(と言いながら控室へ)」

【オーカーンの話】「(後頭部を押さえてコメントスペースにうずくまるが、叫び声をあげて立ち上がり)ヒザはつかんぞ…。目標をかなえただけじゃねぇか。G1優勝、間違いはねぇな…」