ニューヨーク州ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われたロウが日本時間27日、配信され、WWEユニバーサル王者ローマン・レインズが『サマースラム』でキャッシュインを狙う“Mr.MITB"セオリーに「お前の親分はもういない」と揺さぶりをかけた。

 サマースラムでブロック・レスナーとの防衛戦を控えるWWEユニバーサル王者レインズがこの日、ザ・ブラッドラインの面々とともにリングに登場。ポール・ヘイマンが「サマースラムの後、ブロック・レスナーは立つことさえできなくなるだろう」と予告した。

 そこへ“Mr.MITB"セオリーが現れ、キャッシュインによる王座奪取を宣言した。するとレインズは「お前の親分はもういない。ここは俺のリングだ。ふざけたことを続けるなら俺が親代わりになる」と忠告。セオリーの後ろ盾だったビンス・マクマホン会長の引退に触れて揺さぶりをかけた。

 セオリーはサマースラムでUS王者ボビー・ラシュリーへの挑戦も控える。この日ラシュリーとの前哨戦に臨んだものの、試合後、ウーソズに襲撃され、ダブルスーパーキックでKOされてしまった。そこへレインズもやってきて、大の字となったセオリーの上にMITBブリーフケースを置くと「キャッシュインする時はこれを持ってくるんだぞ」と子供扱いした。

 レインズ&ウーソズはメインでリドル&ストリート・プロフィッツと対戦。RKOを狙うリドルを強引に投げ飛ばしたレインズがスピアーを叩き込んで勝利した。試合後、セス“フリーキン"ロリンズが現れ、サマースラムでの対戦相手であるリドルにカーブストンプを鉄製ステップ上で決めて沈めた。

 「レインズvsレスナー」のWWEユニバーサル王座ラストマン・スタンディング戦、「ラシュリーvsセオリー」のUS王座戦、「リドルvsロリンズ」が行われる『サマースラム』は日本時間7月31日にWWEネットワークで配信される。