NXTが日本時間4日、配信され、サレイがNXT女子王者マンディ・ローズとノンタイトル戦で対戦したものの無念の敗戦を喫した。

 NXT女子王座への試金石となる王者との一騎打ちへ向けてサレイは試合前、「顔面を蹴り飛ばしてやる」と予告。序盤から得意のサンレイ・ドロップキックを狙ったが、マンディに場外へ逃げられてしまう。それでも「いくぞ〜!」と雄叫びを上げ、ミサイル・ドロップキックやフィッシャーマンズ・スープレックスで攻め込んだが、スパインバスターで反撃されると最後はキス・オブ・ザ・ローズでトドメを刺されて3カウントを聞いた。

 サンレイ・ドロップキックが不発に終わった末、無念の敗戦を喫したサレイは試合後、マンディに「アンタにやられたことを忘れてないわよ」とパイプ椅子で襲撃されたが、NXT女子王座次期挑戦者のゾーイ・スタークが駆けつけて救出された。サレイは自身のツイッターで「ダメージで顔面ドロップキックを放てなかった」と悔しさをにじませた。「マンディvsゾーイ」のNXT女子王座戦が行われる『NXTヒートウェーブ』は日本時間8月18日にWWEネットワークで配信される。