オハイオ州クリーブランドのロケット・モーゲージ・フィールドハウスで行われたロウが日本時間10日、配信され、イヨ・スカイがダコタ・カイと組んでタミーナ&デイナ・ブルックに勝利し、WWE女子タッグ王座トーナメント1回戦を突破した。

 この日、イヨはベイリー&ダコタとともにオープニングに登場。ベイリーがベッキー・リンチやビアンカを侮辱し、空位の女子タッグ王座決定トーナメント出場が決まったイヨ&ダコタは「トーナメントで優勝するところを見せてやる」とベルト奪取を宣言した。

 そこへビアンカ・ブレア&アスカ&アレクサ・ブリスが現れ、イヨら3人と対峙。「イヨ&ダコタは優勝できない。1回戦で勝利しても私たちと対戦するんだから」と挑発し、ビアンカが「今から3対3でやってもいいぞ」と宣戦布告した。するとベイリーが『WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル(CATC)』での対戦を提案し、ビアンカも受諾。6人が入り乱れての乱闘に発展した。

 その後、WWE女子タッグ王座トーナメント1回戦が行われ、イヨ&ダコタがタミーナ&デイナと対戦した。序盤から攻め込まれながらもイヨはダブルニーで応戦。ダコタもチンロックでデイナを攻め立てた。さらにイヨが打撃連打から掌底アッパーを放ち、タミーナにサモアンドロップで反撃されても、最後はダコタがフェイスウォッシュ、イヨがムーンサルトを立て続けに決めてタミーナを撃破した。

 イヨ&ダコタが1回戦を突破。準決勝戦で「アスカ&アレクサvsドゥドロップ&ニッキー・A.S.H.」の勝者と対戦することになった。イヨは自身のツイッターで「私たちが次のWWE女子タッグ王者になる!!!!!!!」と宣言した。

 ウェールズ・カーディフで開催される30年ぶりの英国スタジアムイベント『WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル』は日本時間9月4日にWWEネットワークで配信される。