『N-1 VICTORY 2022』広島サンプラザホール(2022年8月14日)
Bブロック公式戦 ○小島聡vsジャック・モリス×

 小島が「限界ギリギリ」の状況ながらも、未知の男・モリスをウエスタンラリアットで葬り、N-1で2連勝を果たした。

 初戦では杉浦貴にレフェリーストップ負けを喫したものの、2戦目では岡田欣也をラリアットで下して立て直しに成功した小島。3戦目はいきなり清宮海斗を破ってインパクトを残した未知の男・モリスと対戦した。

 清宮戦では荒削りなファイトを披露したモリスだったが、2戦目はノアマットに順応。序盤からじっくりとグラウンド戦で小島を渡り合うと、しつこくスリーパーに絡み取って主導権を握った。小島はマシンガン逆水平や「いっちゃうぞ、バカヤロー」からのダイビングエルボードロップなど得意技で巻き返しを図るも、引かないモリスはトペスイシーダを敢行。雪崩式ブレーンバスターでマットに叩きつける。

 なかなかペースを奪えなかった小島は、コーナーに上がったモリスをラリアットで場外に叩き落として逆襲。コジコジカッターにつなげると、ラリアットを予告する。粘るモリスはクラッチを離さずにブレーンバスター、ファルコンアローで連続して投げて巻き返すと、清宮を破ったタイガードライバーの構えに。

 これだけは食うまいと逃れた小島は、捻りを加えたブレーンバスターから再び攻勢。一度は豪腕をガードされたものの、左腕ラリアットで黙らせると、最後はウエスタンラリアットがクリーンヒットし、モリスを沈めた。

 各選手が口を揃えて「過酷」だと称する今年のN-1。51歳の小島は3戦目を終えた時点で、「すでに俺の体は限界値まで来ている。ウソ偽りを言ってもしょうがない。本当に限界ギリギリのところでやってるよ」と素直な心境を吐露した。

 しかし、限界の肉体とは裏腹に、気持ちは燃え上がるばかり。「だけど、そこがプロレスの面白いところでさ、限界のギリギリでやっているからこそ、いろんな力が湧いてくるんだ。限界ギリギリでやっているからこそ、いろんな選手に勝つことができる。限界ギリギリでやっているからこそ、プロレスラーで今いられていると思う」と小島は連日の激闘を思う存分に満喫している。「俺にはまだ大きな目標があるんだよ。なあ? それを達成するまでここのリングにのさばってやるから」とあくまで視線を前に向けた。

 小島の次戦は8・17仙台大会。清宮、船木誠勝を連続撃破して勢いに乗るマサ北宮と激突する。

【小島の話】「N-1、3試合が終わって、すでに俺の体は限界値まで来ている。ウソ偽りを言ってもしょうがない。本当に限界ギリギリのところでやってるよ。だけど、そこがプロレスの面白いところでさ、限界のギリギリでやっているからこそ、いろんな力が湧いてくるんだ。限界ギリギリでやっているからこそ、いろんな選手に勝つことができる。限界ギリギリでやっているからこそ、プロレスラーで今いられていると思う。初めて出会った選手、そして初めて出会ったのに、あんなに若くて強くてカッコよくて、どうするんだよっていうぐらいの選手だけど、俺にはまだ大きな目標があるんだよ。なあ? それを達成するまでここのリングにのさばってやるから」