『Road to PETER PAN 2022 in KORAKUEN〜みんなで声出そう!〜』が14日、東京・後楽園ホールで行われ、8・20大田区大会でKO-D無差別級王座を争う王者・樋口和貞と挑戦者・遠藤哲哉が唯一の前哨戦でバチバチに火花。「俺たちでDDTを世界に」との思いで合意した。また、HARASHIMA&大鷲透がKO-Dタッグ王座への挑戦を表明し、9・4名古屋大会で王者・ハリマオに挑むことが決まった。

 王者・樋口の指名によって前王者・遠藤が8・20大田区大会でKO-D王座に挑戦する。新型コロナウイルス感染による欠場からの復帰戦となったこの日、最初で最後の前哨戦に臨んだ。樋口が吉村直巳とのハリマオ、遠藤が秋山準とそれぞれ組んで激突。遠藤がスワンダイブ式エルボー、ハンドスプリングオーバーヘッドキック、サスケスペシャルなど空中殺法を連発し、ブランクを感じさせない動きを見せれば、樋口もジャーマン、ラリアット、場外でのアバランシュホールドで応戦。激しいチョップの打ち合いを展開し、バチバチの攻防を繰り広げた。

 最後は吉村が払腰で秋山から3カウントを奪い、ハリマオが勝利。樋口が唯一の前哨戦を制した。試合後、遠藤が「樋口、強いじゃねぇか。どんだけ強くなろうが、8月20日、お前の前に立つのは俺だ。俺たちでもっとDDTを世界に広げるんだ」と王者を称えたうえで投げかけると、樋口は「お前の言う通りだ。俺たちでDDTを世界に届けてやる。俺たちのDDTを見せる」と呼応。2人は握手を交わし、夏のビッグマッチでの健闘を誓った。

 また、試合後、DISASTER BOXのHARASHIMA、大鷲透が現れ、KO-Dタッグ王座への挑戦を表明。王者・ハリマオが受諾し、9・4名古屋大会での同王座戦が決まった。

 この日、しばらく封印されていた“DDT名物"「いつでもどこでも挑戦権」を争う時間差バトルロイヤルが行われ、青木真也が挑戦権を奪取。期限は今年いっぱいで、KO-D無差別級王座に対して行使できる。ただし、通常の試合で負けてしまった場合、勝利した選手に挑戦権が移動する。

 今回の挑戦権は“NFTアート"化。代替がきかないデジタルデータで、偽造や改ざんが不可。挑戦権に固有の資産価値が生まれる。青木は「いつでも挑戦できるのが肝。練りに練ったうえで揺さぶりをかけて、切り崩していきたい」と話した。

 また、9・18後楽園大会で行われる秋山30周年記念興行のメインイベントのカードが発表に。秋山が遠藤&金丸義信とのトリオで永田裕志&竹下幸之介&勝俣瞬馬組と対戦する記念試合が決まった。

☆9/4(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホール『DRAMATIC EXPLOSION 2022』17:00開場、17:30開始

▼KO-Dタッグ選手権試合
[挑戦者]
大鷲透
HARASHIMA
vs
吉村直巳
樋口和貞
[第75代王者]
※樋口&吉村初防衛戦


☆9/18(日)東京・後楽園ホール『STERNNESS 30th anniversary〜秋山準デビュー30周年記念大会〜』10:30開場、11:30開始

▼秋山準デビュー30周年記念試合〜スペシャル6人タッグマッチ
勝俣瞬馬
竹下幸之介
永田裕志
vs
遠藤哲哉
金丸義信
秋山準