『N-1 VICTORY 2022』神奈川・カルッツかわさき(2022年8月28日)
Bブロック公式戦 ○清宮海斗vs小島聡×

 ノア年間最大のリーグ戦『N-1 VICTORY 2022』は28日の川崎大会で公式戦全日程を終了し、今年の優勝決定戦(9月3日、エディオンアリーナ大阪)は「清宮海斗vs鈴木秀樹」に決まった。川崎大会のメインでは清宮がシングル初対決となった小島を“武藤殺法"で破り、2連敗からの5連勝でBブロックを突破してみせた。

 今N-1最後の公式戦となった川崎メインのBブロック公式戦は小島(4勝2敗)と清宮(4勝2敗)によるシングル初対決。すでにAブロックは初出場の鈴木がブロック突破を決めている状況下でゴングが打ち鳴らされた。

 試合では清宮が右腕を攻め立てて豪腕殺しに出たものの、小島も崩れず。逆に豪快なラリアットで清宮を場外まで吹き飛ばして場外カウントアウト寸前にまで追い込んだ。

 負けじと清宮も武藤敬司直伝のドラゴンスクリューで反撃すると、こん身の足4の字固めへ。小島の兄貴分でもある武藤の黄金パターンで追い詰めると、シャイニング・ウィザード4連発を発射だ。

 トドメの5発目を狙ったところで小島もカウンターのウエスタンラリアットで迎撃。続く正調ウエスタンラリアットはガードされても、カウンターの左ラリアットからの垂直落下式ブレーンバスターで叩きつけ、再びラリアットで仕上げにかかった。

 だが、清宮は武藤ばりのカウンター・フランケンシュタイナーへ。鮮やかさに場内からは“思わず"のどよめきが漏れる。小島もギリギリで肩を上げたが、最後は荒々しく雄叫びを上げてからのこん身シャイニング・ウィザードを叩き込んで3カウントを奪った。

 2連敗からの5連勝で勝ち点10。3連覇を目指す中嶋と並んだが、直接対決を制している清宮のブロック突破が決まり、リングサイドで見守っていた中嶋は静かに姿を消した。

 そして優勝決定戦の相手・鈴木が現れてにらみ合いを展開。鈴木相手に天に向かって指を突き立ててみせた清宮は、マイクを握ると「みんな本当に強かった。公式戦、全員めちゃくちゃ強かった。その凄さを感じながらブロックを突破することができました。ありがとうございます」とまずは感謝して場内も温かい拍手に包まれた。

 続けて「鈴木さんめちゃくちゃ強いよ。ちょっと嫌な思い出があるくらい。でも俺だって今年、いろいろ感じながらやってきた。ここまで来たら頂上行くのは俺しかいないでしょ! 9月3日、エディオンアリーナ俺を観にきてください!」と誓いを立て、激励の拍手のなかで川崎大会の幕が下ろされた。

 N-1開幕直前に武藤敬司超えを達成し“武藤殺法"の数々を継承。並々ならぬ決意で臨んだN-1のいばら道を突き進み、頂上決戦までたどり着いた。清宮と鈴木はシングル初対決。6日後の大阪で今年の“N-1の頂"が決まる。

【清宮の話】「あと一つ。あと一つのところまで何とか来ることができました。あのリング上でちょっとだけ言ったんですけど、鈴木選手、次、決勝で。俺にとってホント怖い存在なんですね。前、鈴木さんがノアに上がり始めた時にやらせてもらって、全く歯が立たなくて。俺にとって鈴木選手って今も変わらずそういう存在だから。それでもやっぱりここまで来るのにホントいろんな選手、Bブロックの選手に凄い感じさせてもらって今ここにいるので、もう今はホントに優勝しか見えてないし、俺が頂上に行って、応援して下さるみんなとプロレスを、俺たちのプロレスをみんなと作っていきたいと思います。ありがとうございます。9月3日、エディオンアリーナ、俺の試合見に来てください。よろしくお願いします。ありがとうございました」

【小島の話】「凄く、凄く楽しいリーグ戦だったよ。こんな充実したリーグ戦、何年ぶりだ? 何年ぶりかわかんねえ。っていうか初めてかもしんねえ。この年で味わうリーグ戦がこんなに楽しくてワクワクするもんだって思ってなかったよ。体ボロボロだけど確実に生きてることを実感できるシリーズだから。本当に何年ぶりにプロレスラーとして生きてることを味わえたシリーズだよ。名古屋と川崎でメインイベント張って、凄くいろんなこと考えたよ。俺は本当にここのリングが好きだなと思う」

【鈴木の話】
――決勝進出が決まったが今の心境は?

▼鈴木「うれしい」

――相手は清宮選手となったが?

▼鈴木「彼とリングの上で戦うことはあっても特別何か因縁ってものはないですけど、やっぱりノアのトップ選手の一人であることは間違いないし。今まで一度もシングルマッチがないんですね。それがN-1 VICTORYの決勝の舞台でやれるというのは良かったですね」

――優勝まであと一つと迫ったが?

▼鈴木「最初も言ったんですけど、決勝で勝たなければ、そこまで何勝してようが、誰に勝ってようが意味がないので。リーグ戦と同じように、決勝だからそれ以上にとにかく勝ちにしがみついて戦いたいと思います」