ペンシルベニア州ピッツバーグのPPGペインツ・アリーナで行われたロウが日本時間31日、配信され、アスカが『WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル(CATC)』へ向けてイヨ・スカイらを挑発した。

 CATCでベイリー&イヨ&ダコタ・カイと対戦するビアンカ&アスカ&アレクサがこの日、地元出身のダニー・モー&ケイ・スパークス&ケイティ・ハートと対戦。「こいや! こいや!」とケイティを挑発したアスカがショルダータックルを放ち、ダニーにもバックハンドブローやスープレックスを叩き込んで圧倒した。終盤にはアスカのハイキック、アレクサのDDTがケイティに立て続けにさく裂。ビアンカがケイにKODを決めると、最後はアスカがダニーをアスカロックで捕まえてタップ勝ちを収めた。

 試合後、アスカは「誰もワシらに勝たれへんのじゃ! こらボケ!」と関西弁全開でベイリー&イヨ&ダコタに挑発メッセージ。3人でリズムに乗りながら勝利をアピールした。

 ウェールズ・カーディフで開催される30年ぶりの英国スタジアムイベント『WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル』は日本時間9月4日にWWEネットワークで配信される。