ウェールズ・カーディフのプリンシパリティ・スタジアムで行われた『WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル』が日本時間4日、ライブ配信され、イヨ・スカイがベイリー&ダコタ・カイとのトリオでビアンカ・ブレア&アスカ&アレクサ・ブリスに勝利した。

 4日前のロウでWWE女子タッグ王座獲りを逸したイヨがこの日、ベイリー&ダコタと組んでビアンカ&アスカ&アレクサと対戦した。序盤、日本人対決で激しく火花。イヨがミサイルキックやダブルニーで攻め込むと、アスカは打撃連打、スープレックス、スライディングキックの連続攻撃で反撃し、意地をぶつけ合った。

 その後、イヨが顔面キック、ベイリーとのクローズラインでアスカを攻め立てたが、ベイリーがビアンカにスパインバスター、スタンディングムーンサルトで攻勢を許した。一進一退の攻防が続く中、終盤にはイヨがセカンドロープから場外へのムーンサルトをアスカとアレクサに放った。

 孤立したビアンカがダコタにKODを狙ったが、ベイリーが髪を引っ張って妨害し、ローズプラントを決めた。すかさずイヨがムーンサルトを叩き込むと、ベイリーがビアンカから3カウントを奪った。