『バーニング・スピリット』東京・後楽園ホール(2022年9月6日)
○EVIL&高橋裕二郎&SHO&ディック東郷vs後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&SHO&ザ・DKC×

 NEVER6人タッグ戦を前に拷問軍が大暴走。後藤の邪羅蛇羅棒をへし折って破壊すると、YOHを犬小屋送りに処した。

 9・18別府大会でNEVER6人タッグ王者の後藤&YOSHI-HASHI&YOHに、前王者の拷問軍・EVIL&裕二郎&SHOが挑戦する。シリーズに合わせて王者のCHAOS軍は自作の“HOUSE OF TORTURE撲滅"Tシャツを投入。一方、拷問軍はタイトルマッチに向けてドッグケージ投入を予告していた。

 今宵は8人タッグマッチで激突。試合前に拷問軍はリングサイドにドッグケージを設置したが、CHAOS軍は「拷問の館」と書かれた犬小屋を持ち込んだ。YOHは「俺たちさ、君たちの新しい家を持ってきてあげましたよ。ねえ、だからさ、HOUSE OF TORTURE! お手!」と挑発。怒りの拷問軍が襲いかかって試合スタートとなった。

 王者トリオはDKCを加えた4人で裕二郎を圧倒。SHOの背中にも太鼓の乱れ打ちを浴びせる。EVILは逃げ延びたが、DKCが東郷をリングに連行すると、4人がかりで太鼓の乱れ打ちを決めた。

 拷問軍が乱戦に持ち込んで逆襲。YOSHI-HASHIはローンバトルに追い込まれるが、後藤が加勢すると、河津落とし&ヘッドハンターをSHOに決めて主導権を奪い返す。あとを受けたYOHはジャンピングエルボーやリバーススプラッシュ式セントーンなどで元パートナーのSHOに猛攻。「YOH」コールが後楽園ホールにこだました。髪の毛や指を掴まれると苦もんするが、指に噛みついてお返し。ジャンピングニーにはジャンピングニーを返す。しかし、SHOはレフェリーを盾にして追撃を防ぎ、スピアーをぶち込んで反撃した。

 CHAOS軍の奮闘に感化されてDKCも大暴れ。王者3人とともにEVILに連続串刺し攻撃を浴びせると、胸元を袈裟斬りチョップでメッタ打ちにする。しかし、EVILは顔面かきむしりやコーナー金具への衝突を誘うと、後藤の邪羅蛇羅棒を強奪した。後藤が飛び込んで奪回に動くも、SHOがスパナで一撃。両軍入り乱れての混戦となり、DKCが猪突猛進に仕掛けるが、暗黒の王はカウンターのEVILで一気に3カウントを奪った。

 拷問軍に「帰れ」コールが飛んだが、EVILはどこ吹く風。SHOはCHAOSが持ち込んだ犬小屋にYOHを頭から突っ込んで暴行する。さらに、EVILと裕二郎は後藤をドッグケージに監禁。その眼前で邪羅蛇羅棒をへし折ると、「帰れ」コールの中で勝ち誇った。拷問軍が去っていくと、ようやく後藤はケージから開放される。へし折れた邪羅蛇羅棒を前に怒りをあらわにした荒武者だった。

 勝利したEVILは「おい後藤! ジャラジャラジャラジャラうるせぇんだよ、このヤロー! おめぇらにも分かりやすく教えてやるよ。ああいう凶器ってのはなぁ、反則なんだよ。二度と持ってくんな、このヤロー!」と自分たちの暴挙を棚に上げて指摘。「別府では3人まとめてドッグケージにぶち込んでやるからな。やれんだろ? それとも逃げるか? 逃げ腰はお前らみたいな悪党の十八番だもんな。逃がさねぇけどな」と通告した。

 一方、肩を落とした後藤は「この棒は俺の戦友でした。このコロナ禍の中、危ない時はいつも助けに来てくれた。仇は必ず取るぞ! この棒は俺が葬る!」と“相棒"の仇討ちを決意。自身が持ち込んだ犬小屋をSHOに利用されてしまったYOHは「次にこいつを持ってくる時は、もっとカッコよくして、HOUSE OF TORTUREに気に入ってもらえる犬小屋にするからさ。だからさ、その時は…てめぇをぶち込んでやるよ」と報復を誓った。

【裕二郎の話】「おい、昨日今日と声出しOKだと? お前らよぉ、うるせぇんだよな! 今まで通り黙っとけ!」

【EVILの話】「おい後藤! ジャラジャラジャラジャラうるせぇんだよ、このヤロー! おめぇらにも分かりやすく教えてやるよ。ああいう凶器ってのはなぁ、反則なんだよ。二度と持ってくんな、このヤロー! それとよぉ、別府では3人まとめてドッグケージにぶち込んでやるからな。やれんだろ? それとも逃げるか? 逃げ腰はお前らみたいな悪党の十八番だもんな。逃がさねぇけどな。よく覚えとけ!」

【SHOの話】「おいおいおいおいおい、YOHよぉ。何持ってきとんやおい! ふざけんなよお前。お前らのやり方はよぉ、何から何までセコいんや! ホント、CHAOSからいなくなってよかったわ。ええ加減にせぇよ。あんなん、自ら自分のお家持ってきただけやろうが。あんなん、お前ら入れてやるわ。あれこそ、お前“HOUSE OF CHAOS"や!」


【後藤の話】「(真っ二つになった棒を手にフラフラとした足取りでインタビュースペースに着くと、両ヒザをついて前のめりに。やがて片ヒザになって目の前の棒を見ながら声を震わせて)こいつが何した? この棒は俺の戦友でした。このコロナ禍の中、(棒を取り上げ)危ない時はいつも助けに来てくれた。仇は必ず取るぞ! (棒を胸に抱いて控室に向かいながら)この棒は俺が葬る!」

【YOSHI-HASHIの話】「おい、邪羅蛇羅棒へし折って、それで満足か、おい。タイトルマッチ、(お前らがほしいのは)NEVER6人のベルトじゃねぇのか。(棒は)関係ねぇだろ。後藤さんしかり、あのジャラジャラ棒も必ずもっともっと強くなって戻ってくる。このベルトも、俺も、そして俺が持ってるこの棒も進化していくからな。俺たち、もっともっと進化してなぁ、このベルトももっともっと上に行くんだ、おい!」

【YOHの話】「(犬小屋を引きずりながらインタビュースペースに着くと、前に置いた犬小屋に腕を置いて顔を伏せたままで)そうだよね。そりゃそうだよね。急にこんなもの持ってきて、ごめんね。言い訳だけどさ、時間がなくてさ。次にこいつを持ってくる時は、もっとカッコよくして、HOUSE OF TORTUREに気に入ってもらえる犬小屋にするからさ。だからさ、その時は…てめぇをぶち込んでやるよ」

【ザ・DKCの話】「HOUSE OF TORTURE、ヤツらは泥の中で遊ぶ犬のように汚い手を使ってくる。この借りは返してやるからな。ハイヤッ!」