『STORM GATE 2022』東京・後楽園ホール(2022年9月8日)
○シュン・スカイウォーカー&KAI&ディアマンテ&H・Y・OvsU-T&BIGBOSS清水&ストロングマシーン・J&Kzy×

 シュンの度重なる暴言と暴走にKzyが激怒。シュンが海外遠征で不在となる中、9・19大田区大会でNATURAL VIBESとZ-Bratsの全面対抗戦が行われることが決定的となった。

 最近はKzyを目の敵にし、「害悪」などと発言して糾弾を続けてきたシュン。この日のオープニングマッチはNATURAL VIBESとZ-Bratsの8人タッグマッチだったが、のっけから大きな動きがあった。

 後楽園大会の幕開けを盛り上げようとNATURAL VIBESがダンスを披露したが、途中でZ-Bratsが襲撃して強制終了。そのままオープニングマッチをスタートさせると、シュンは序盤からkzyに狙いを定める。長時間孤立させると、Z-Bratsは総出で痛めつけた。シュンは髪の毛を引っ張り、「害悪が!」と罵声。だが、kzyも意地のジャンピングエルボースマッシュで窮地を脱する。

 清水がKAIとディアマンテを同時に担いでバックフリップを決めると、マシーン・J&U-TとともにKAIに集中攻撃。すかさずkzyが「俺の時間だ!」とコーナーに上がる。だが、ディアマンテがデッドリードラブで阻止。シュンの援護を受けて、スワンダイブ式ミサイルキックも叩き込んだ。

 接戦が続くが、マシーン・J&清水が変型マジックキラーをH・Y・Oに見舞い、NATURAL VIBESがチャンスを掴む。ここぞとばかりにKzyが躍動。H・Y・Oの丸め込みに不意を突かれたものの、DDT、ランニングエルボースマッシュとたたみかけた。しかし、直後に暗転。レフェリーの注意が離れているスキに、シュンがパイプイスでKzyの脳天を痛打。SSWで一気に葬った。

 暴走ファイトでKzyを叩きのめしたシュンはマイクを持つと大演説。「NATURAL VIBES……弱いなあ。情けないなあ。お前らひどいぞ。さすがはDRAGONGATEのガン! 害悪! Kzyというレスラーの下に集まったクズチームだ。お前ら本当にひどすぎるよ。戦い方も勝負に挑む姿勢も、リング上の全ての行動が恥ずかしくて、弱々しくて、情けなくて…。俺はね、同じDRAGONGATEのレスラーとして恥ずかしい」と徹底的にこき下ろした。そして、「このリングを守るためにも、お前たちがここにいちゃいけない。NATURAL VIBESという概念、そしてチーム、Kzyというレスラー、俺はこの先、絶対に排除するぞ。消え失せろ。お前たちを潰すのはシュン・スカイウォーカーであり、Z-Bratsだ」と倒れるkzyに言い放つ。

 これに反応したのがNATURAL VIBESのマシーン・J。「お前よ、俺たちのこと、よくもこんなに言ってくれたな。よく見てるじゃん、俺たちのこと。そんなに俺たちが好きなのか? でもな、お前、周りがよく見えているようで、自分がまったく見えてないよ。見ろよ、感じろよ、この空気を。寒いトークショーだぜ」と言い返すと、舌戦で火花。引かないマシーン・Jは「やる価値はありそうじゃないですか? ここまで言われているんですよ。黙ってこのまま消えることなんてできねえよな、リーダー」とKzyにゲキを飛ばした。

 ここで感情を爆発させたKzyは「てめぇの物差しで俺たちを測ってんじゃねえぞ。俺たちはな、お前には、お前なんかには決してできることはない、ありえないやり方で観に来ているお客さんを楽しませている誇りと意地があるんだよ!」と絶叫。「お前が消すっていうなら消してみせろよ。俺たちはとことんやってやるぞ。今日のこの負けぐらいで引き下がる俺たちじゃねえんだよ! とことんやらせろ。潰してみせろ!」となおも吠え、「お前らとやらせろ。大田区で全面対抗戦といこうじゃないか。どうなんだ、お前らやれるのか?」と9・19大田区大会での対戦を迫った。

 余裕を崩さないシュンは「大田区で全面対抗戦って? そこの後ろにいる2人、NATURAL VIBESに嫌気が差して、カンフーマスターズを作って、俺とディアマンテからツインゲートのベルトを託された。大田区で防衛戦やるんだろ? 全面対抗戦できないじゃん」とツインゲート王者のKAMEI&ジェイソンの防衛戦が決まっていることを指摘。さらに「そして何よりな、俺、明日からアメリカに行くんだよ。お前らみたいにヒマしてないんだよ。オファーが絶えないんだよ」と自身が海外遠征のため参加できないことも明かした。

 「俺はこのDRAGONGATEのリングを守るために、お前らを潰すことは必ず遂行する」と改めて断言すると、「お前らは負けたんだよ。その満足げな顔、毎大会ダンスを踊ったあとの顔と一緒だな。あのこれから試合に臨むとは思えないような恥ずかしい満足げな顔、お前らに似合っているよ」と再び罵声を挟みつつ、対応をH・Y・Oに任せた。

 H・Y・Oは「シュンがいなくても、戦力の差は埋まらないんだよ。お前らみたいなクソしかいないチーム・NATURAL VIBES、大田区でやりたいんだったら、シュン抜きでやってやるよ」と迎撃を宣言。「大田区はDANGEROUS GATE。いつもの俺たちよりさらにデンジャラスといこうじゃないか。大田区でお前らの存在価値を消し去ってやる。覚悟しておけ!」と通告すると、両軍は大乱闘を繰り広げた。