『The Road To 日本武道館』徳島・美馬市都市公園 うだつアリーナ(2022年9月10日)
○大森隆男&石川修司&青柳優馬vs芦野祥太郎&本田竜輝&立花誠吾×

 大森が世界タッグ王者・芦野&本田の眼前で快勝し、 征矢学との山ごもり特訓の成果を強調するように「これがワイルドの力ってやつ?」と勝ち誇った。対する芦野はGET WILDに「一夜限り」を通告した。

 大森は9・18武道館大会で征矢とのGET WILDを再結成し、世界タッグ王座獲りに挑む。この日、征矢は不在ながら石川&青柳とのトリオで、立花と組んだ芦野&本田との前哨戦に臨んだ。

 荒々しく気合をみなぎらせる大森は本田相手の打撃戦をエルボースマッシュで制し、ショルダータックルでねじ伏せて先制した。終盤にはGUNGNIR OF ANARCHYの集中砲火を浴びて劣勢となったものの、両腕ラリアットで芦野と本田を蹴散らして逆転。すかさず立花にアックスボンバーを叩き込んで3カウントを奪った。

 大森が世界タッグ前哨戦に快勝。王者の眼前で好調ぶりをみせつけた。今月7日の会見を山ごもり特訓のため欠席し、芦野&本田から批判されたが、その成果を存分に発揮できたようで、「これがワイルドの力ってやつ? 見た? ワイルドの力」と豪語。「俺が山で、森で、そして海で培ったパワーをたっぷりとお見舞いしてやるからよ。武道館で待っとけ」と通告してみせた。

 対する芦野は試合中に何度も「征矢連れてこい」とアピールしていたように、征矢不在の前哨戦に「腹立つわ。今までで一番ムカついてますよ、全日本プロレスに来てから」というほどの不満をむき出し。「明日は鳥取。今から呼べよ。まだ時間あるよ。今から来させろよ」と無理難題を突きつけつつ、「武道館だけか? じゃあホントに一夜限りだな。俺らが防衛して一夜限りだよ」と予告した。

 GET WILDが世界タッグを取れば、自ずとチーム継続となるが、芦野は武道館で本田とともに返り討ちにし、その道を断つ構えだ。

【試合後の大森&石川&青柳】
▼石川「大森さん、絶好調ですね」

▼青柳「やりましたね。絶好調でしたよ」

▼大森「これがワイルドの力ってやつ? 見た? ワイルドの力。俺が山で、森で、そして海で培ったパワーをたっぷりとお見舞いしてやるからよ。武道館で待っとけ。世界タッグのベルト、征矢と大森でいただきます」

▼青柳「クリストファー・ダニエルズとシングルマッチやります。向こうがフォーリン・エンジェルならば、こっちはガーディアン・エンジェルだ。勝負だ。Stay Tuned」

▼石川「武道館で6人タッグ。こんだけでかい6人タッグ日本だとないと思うんで、楽しみです。その中で一番目立って勝ちたいと思います」


【試合後の芦野&本田】
▼芦野「おい、大森。征矢学を連れてこいよ。前哨戦だろ、世界タッグの。お前ひとりしかいねぇじゃねぇか。ノアの征矢学、呼べよ。武道館だけか? じゃあホントに一夜限りだな。俺らが防衛して一夜限りだよ。会見にも来ない。社会人失格ですね。何歳ですか? こいつより20何個上だろ? 仕事場に連れてこない。どういうことだよ? 山だの海だの、こっちは知ったこっちゃねぇんだ。連れてこいよ。明日は鳥取。今から呼べよ。まだ時間あるよ。今から来させろよ。覚悟が見えないね。俺は征矢学の試合をノア行ったばっかの時見たよ。そしたらね、バロメーターに覚悟10って書いてあったんだよ。覚悟10の男。覚悟もてよ。来いよ、征矢。腹立つわ。今までで一番ムカついてますよ、全日本プロレスに来てから」

▼本田「征矢学、本番大丈夫か? 日本武道館も来ねぇんじゃねぇか、あいつ。来ねぇならこねぇで俺と芦野が叩き潰すだけだから」