『The Road To 日本武道館』鳥取県立米子産業体育館 サブアリーナ(2022年9月11日)
○諏訪魔vs佐藤光留×

 諏訪魔が光留をバックドロップ3連発で仕留め、武道館・三冠戦へ向けて猛デモ。Evolutionに「武道館で負けたら解散」を突きつけた。

 9・18武道館大会で宮原との三冠王座初防衛戦を控える諏訪魔。前日の美馬大会では田村をバックドロップで仕留め、宮原バックドロップ10連発葬へ向けて試し斬りした。

 一夜明けたこの日は光留と一騎打ち。奇襲攻撃で出鼻をくじかれたものの、イス攻撃で反撃すると、客席になだれ込んでの大乱闘で大暴れ。光留がジャンピングハイキックを連発するなど反撃に出ても、イス攻撃で鎮圧。鬼のようなバックドロップ3連発でレフェリーストップ勝ちを決めた。

 美馬に続いて米子でも宮原バックドロップ10連発葬へ向けた予行演習を敢行。諏訪魔は「見ただろ! 俺のバックドロップ連発すれば佐藤ごときなんか受けきれねぇんだ。10発見せてやろうと思ったんだ。宮原用によ。それがなんだ? 3発でへこたれやがった」と物足りなさは残ったものの吠えに吠えた。9・15保土ヶ谷大会では宮原との唯一の前哨戦を控え、「10連発ぶちかましてやるぞ。宮原健斗、地獄へ堕ちろ!」と最後の予行演習を予告した。

 これで田村、光留とEvolutionを2タテ。しかも二人は武道館でのアジアタッグ挑戦者で、王者・稔&義三を援護射撃した形となった。「最高のアシストしてやったんじゃないか。これで武道館も楽勝だろ。いいバトン渡したってことだ」とご満悦の諏訪魔は稔&歳三の防衛を確信したうえで、「武道館で佐藤、田村、負けたらEvolution解散しろよ」と要求。自ら作って脱退したユニットながら「やってる意味ねぇよ。佐藤光留は自分の興行ばっかやってんだろ? Evolutionのために何やってんだよ? 田村男児だってそうだ。何もやってねぇんだろ? 何だ、お前。悲しんでるな、全日本ファンは。それこそが地獄なんじゃねぇの?」と痛烈に批判した諏訪魔は「Evolution地獄へ堕ちろ!」と通告していた。

【諏訪魔の話】「見ただろ! 俺のバックドロップ連発すれば佐藤ごときなんか受けきれねぇんだ。10発見せてやろうと思ったんだ。宮原用によ。それがなんだ? 3発でへこたれやがった。口だけだな、あいつは。いいよ、武道館に向けて試し斬りしたな。まだ宮原と当たるんだ。保土ヶ谷だろ。10連発ぶちかましてやるぞ。宮原健斗、地獄へ堕ちろ! じゃあまだまだ言ってやろうか。佐藤、あと田村。あいつらアジアやんだろ? 武道館で。けどよ、稔&歳三組、あいつらに勝てないのはわかってんだ。ただ、最高のアシストしてやったんじゃないか、これ。これで武道館も楽勝だろ。いいバトン渡したってことだ。とにかくよ、武道館で佐藤、田村、負けたらEvolution解散しろよ。やってる意味ねぇよ。佐藤光留は自分の興行ばっかやってんだろ? Evolutionのために何やってんだよ? 田村男児だってそうだ。何もやってねぇんだろ? 何だ、お前。悲しんでるな、全日本ファンは。それこそが地獄なんじゃねぇの? これだけついでに言っといてやるよ。Evolution地獄へ堕ちろ! 気持ちいいな」