『STAR NAVIGATION 2022』東京・後楽園ホール(2022年9月15日)
○HAYATA&小川良成&クリス・リッジウェイvsYO-HEY&吉岡世起&小峠篤司×

 9・25名古屋大会のGHCジュニア王座戦「(王者)HAYATAvsYO-HEY(挑戦者)」、同ジュニアタッグ王座戦「(王者)小川良成&クリス・リッジウェイvs小峠篤司&吉岡世起(挑戦者)」に向けたダブル前哨戦で、HAYATAが貫禄勝ち。だが、試合後にYO-HEYが強烈な“顔面"ドロップキックでHAYATAをKOし、背水の陣を強調しながら“名古屋再現"を予告した。

 ノアジュニア名古屋決戦に向けた前哨戦もこの日の後楽園大会からスタート。王者のSTINGERトリオと、挑戦者のノアジュニア正規軍トリオが6人タッグマッチが激突し、やはり緻密で複雑なチーム戦を繰り広げた。

 なかでもYO-HEYがHAYATAを押し込むシーンが目立ったが、最後はシングル王者のHAYATAが貫禄。リッジウェイのジャーマン&ランニングミドルの援護を受けたところで、一気に小峠に403インパクトを決めてシーソーゲームを制した。

 どうだとばかりに不敵な笑みを浮かべたHAYATAは、ベルトを掲げて勝ち誇ったものの、そこをYO-HEYが奇襲。その場飛びのドロップキックを顔面にめり込ませて一撃でKOすると、GHCジュニアのベルトを意味ありげに見つめ、そして神妙な表情でHAYATAの腰に戻した。

 かつてHAYATAとは“金髪夫婦"を結成してジュニアタッグシーンをけん引。袂を分かってからは、HAYATAに差をつけられる一方で、昨年8月のジュニア王座戦では完敗を喫した。

 「試合には負けました。試合終わったあとにチャンピオンを奇襲。せこいかもしらんな。でも、俺たちにはもうあとがないねん。何が何でもあのベルトを獲って」と悲壮な決意を吐露。「明日もSTINGERと当たる。21日、新宿Innovation、そこでも全面戦争がある。9月25日、タイトルマッチや。今日最後に見せたあの姿…HAYATAが寝そべっているその上で俺がベルトを天高く上げている姿を25日の名古屋で見せます」と“名古屋再現"を誓ってみせた。

【YO-HEYの話】「試合には負けました。試合終わったあとにチャンピオンを奇襲。せこいかもしらんな。でも、俺たちにはもうあとがないねん。何が何でもあのベルトを獲って。俺もそうやし、吉岡&小峠組だってあのSTINGER相手に25日にチャンピオンマッチをする。俺たちには、やろうやろうと言ってもいつもベルトがついてこない。もうあとがない。何が何でも俺たちノア正規軍でベルトを奪取します。そして! 明日もSTINGERと当たる。21日、新宿Innovation、そこでも全面戦争がある。9月25日、タイトルマッチや。今日最後に見せたあの姿…HAYATAが寝そべっているその上で俺がベルトを天高く上げている姿を25日の名古屋で見せます」