『STAR NAVIGATION 2022』東京・後楽園ホール(2022年9月16日)
○ティモシー・サッチャーvs杉浦貴×

 元WWEのGHCタッグ王者・サッチャーが後楽園メインのシングルマッチで、鮮やかに杉浦から一本勝ち。防衛に向けて弾みをつけたものの、試合後に豪腕を連発した杉浦の相棒・小島が“主役"をかっさらい、唯我独尊の「あぶ刑事」気取り締めを繰り広げた。

 9月後楽園2連戦の大トリを飾るメインイベントに据えられた杉浦と元WWE・サッチャーによるシングル初対決。9・25名古屋大会のGHCタッグ王座戦「(王者)鈴木秀樹&ティモシー・サッチャーvs杉浦貴&小島聡(挑戦者)」に向けた前哨戦として行われた。

 小島と鈴木がセコンドにつくなかで、序盤から緊張感あふれるグラウンド戦。サッチャーが腕攻めでリードしたものの、杉浦も場外ネックスクリューや鬼の馬乗りエルボー連打で猛反撃。サッチャーが張り手を繰り出せば、問答無用の鉄拳を叩き込み、フロントネックロックに絡め取った。

 だが、サッチャーは一瞬のスキを突いて電光石火のフジワラアームバーで切り返す。一気かつ強烈に絞め上げるやたちまち杉浦もギブアップした。

 サッチャーがシングルプレイヤーとしての力量も証明しつつ、タッグ防衛へ弾み。試合後には続く9・19横浜大会でのシングルマッチを控える小島とにらみ合いを展開し、小島のラリアットをフジワラアームバーで絡め取りにかかった。

 ところが振り払った小島はウエスタンラリアット一閃。急行した鈴木をもラリアットで返り討ちにするや、腕をアイシングする杉浦をよそに、主役然と小島がマイクを握る。

 「おい、ヒデキ&サッチャー、よく聞け。俺たちが世界で一番危ないタッグチーム、杉浦・小島、略してタカ&タカシだ。よく覚えとけよ! 早く家に帰れ!」と、昭和から平成にかけて人気を博したTVドラマ『あぶない刑事』気取りで勝ち誇る。

 杉浦が露骨に迷惑そうな表情を浮かべても「タカ、待たせたな。遅れてゴメン。あと9日で俺たちのGHCタッグタイトルマッチ待ってるから。1回ぐらいランチしてくれよ」と独走は止まらず、「9月25日、愛知件体育館、GHCタッグタイトル、獲っちゃうぞ、バカヤロー!」と、あ然とする杉浦を尻目に後楽園2連戦を自己陶酔気味に締めくくった…。

【サッチャーの話】「スギウラサンはさすが杉浦軍のリーダーだと証明したと思う。今日は言ったらたまたまラッキーだったのかなと。試合に関してはどっちが勝ってもおかしくない状態だった。ただ、最後にコジマサンが出てきたのは何なんだ? 余計なことをしてくれたな。19日のコジマとのシングルで絶対に借りを返してやる。タイトルマッチでは、自分たちが杉浦軍の代表として最高のチームなんだと改めて証明してやる」

【試合後の杉浦&小島】

▼杉浦「いやあ、まいった」

▼小島「ありがとうございました」

▼杉浦「いや、まいったよ」

▼小島「タカ」

▼杉浦「タカじゃないよ。俺、試合に負けたのも悔しいけど、なんで最後マイクで締めて。しかもテーマ曲が鳴って退場。待たせたなって。だったら、もっと先に助けに来てよ」

▼小島「いや、ちょっといろいろとやることがあったんで…」

▼杉浦「待たせたなって久しぶりに聞いたよ。コント赤信号のリーダーぐらいでしょ? 待たせたなって言うのは。もっと早く助けに来てよ」

▼小島「はい。次は」

▼杉浦「しかも、最後マイクで締めて。テーマ曲で自分は帰っていって。そういうところあるよね?」

▼小島「テーマは自分がかけたわけじゃないんで。テーマは勝手に流れてたんで」

▼杉浦「そういうところあるよね。自分が最後おいしいところ持っていくっていう」

▼小島「テーマは自分知らなかったんで」

▼杉浦「そういうところあるんだよな」

▼小島「秋から始まるアラフィフストーリー。そんな感じなんで」

▼杉浦「知らないよ」

▼小島「またせっかく組んだんで。タイトルマッチあるし」

▼杉浦「それはね、組んでやらないといけないから」

▼小島「お願いします、それは」

▼杉浦「次は横浜。それはしっかりと」

▼小島「(サッチャーとの)シングルがあるんで」

▼杉浦「それも勝って」

▼小島「次につなげたいと思います。頑張りましょう」

※リング上と同じように小島が手のひら、杉浦が指で握手をすると

▼杉浦「待たせたなって今時言わないよね。待たせたなって」