『STAR NAVIGATION 2022』東京・後楽園ホール(2022年9月16日)
○拳王&近藤修司vs小峠篤司&清宮海斗×

 9・25名古屋大会のGHCヘビー級王座戦「(王者)拳王vs清宮(挑戦者)」に向けて拳王が“逆"シャイニング・ウィザードで清宮を粉砕。まさかの「シャイニング継承」を宣言してラブポーズを連発し、思わぬ“継承者レース"に発展した。

 “GHC王者vsN-1覇者"となる名古屋GHC戦。前夜の前哨戦第1ラウンドでは、いきなり清宮が変型シャイニング・ウィザードをぶち込んで拳王から直接3カウントを奪い、強烈な先制打を叩き込んでいた。

 この日はタッグマッチで第2ラウンド。近藤とのコンビで臨んだ拳王が、ドラゴンスクリューを巧みに封じて曼荼羅捻りを繰り出すなどして押し込むと、終盤には蹴暴から一気の必殺PFSで仕留めにかかった。

 避けた清宮も武藤敬司譲りの低空ドロップキックで反撃するや、後頭部シャイニング、急角度ジャーマンで猛逆襲。続く読み合いもことごとく競り勝ってシャイニングを連発するや、前夜同様、変型シャイニング(頭部固定式)で仕留めにかかった。

 だが、拳王は巧みに胴締めスリーパーで切り返す。負けじと丸め込んでさらに切り返した清宮も、ハイキックとジャンピングニーの相打ちでも競り勝ったものの、拳王は2発目のジャンピングニーを避けるや強烈な右ハイキックをどんぴしゃり。さらにはPFSを投下だ。

 完璧な3カウント…と思いきや、カウント2で自ら清宮を引きずり起こすと、まさかのラブポーズから“逆"シャイニング・ウィザードを叩き込み、清宮から3カウントを奪ってみせた。

 一夜にして“倍返し"に成功した拳王は、大の字の清宮にベルトを見せつけると、これみよがしにラブポーズを繰り返しながら退場。「清宮は会社に担がれて、あのプロレス界のスーパースター・武藤敬司のシャイニングウィザードを継承するだと? バカにすんなよ! お前なんかな、武藤敬司が引退したら、そんなもんすぐ捨てちまうんだろ? だったらよ、俺が武藤敬司のシャイニングウィザードを継承してやるよ」とまさかの“シャイニング継承"を宣言した。いきなり激しい星の奪い合いとなったGHCヘビー戦線は、思わぬ“継承者レース"にも発展する事態となった。

【拳王の話】「おい、どうだ? 見ただろ。これが会社に担がれている…そしてテメーらもそうだ。マスコミに担がれているレスラーと、何もなしにここまで上り詰めたレスラーの違いだよ。いいか、清宮は会社に担がれて、あのプロレス界のスーパースター・武藤敬司のシャイニングウィザードを継承するだと? バカにすんなよ! お前なんかな、武藤敬司が引退したら、そんなもんすぐ捨てちまうんだろ? だったらよ、俺が武藤敬司のシャイニングウィザードを継承してやるよ。今日見ただろ。あいつを何で倒した? そうだよな、シャイニングウィザードだ。いいか、清宮。テメーなんか使い捨てにする男なんてな、どうでもいいんだよ。俺が大切に武藤敬司とシャイニングウィザードを継承します。おい、いいか。テメーらクソヤローども最後によく聞け。武藤敬司のシャイニングを…シャイニングをってなんだよ? 自分でもツッコみたくなったよ。もう一度言ってやろうか。武藤敬司のシャイニングウィザードをこれから俺が継承する。おい、テメーらいいか。これからはな、シャイニングウィザードを継承する拳王…俺についてこい」