『STAR NAVIGATION 2022』東京・後楽園ホール(2022年9月16日)
○HAYATA&小川良成&クリス・リッジウェイ&ジャック・モリスvs丸藤正道&YO-HEY&アレハンドロ&吉岡世起×

 GHCジュニア挑戦を控えるYO-HEYが、王者HAYATAを連夜のKO。さらには「アイディアが浮かんだ」と意味深予告を放った。

 9・25名古屋大会のGHCジュニア王座戦「(王者)HAYATAvsYO-HEY(挑戦者)」、同ジュニアタッグ王座戦「(王者)小川良成&クリス・リッジウェイvs小峠篤司&吉岡世起(挑戦者)」に向けたダブル前哨戦。前夜後楽園大会初日のW前哨戦はHAYATAが勝利をおさめたが、試合後にYO-HEYが顔面ドロップキックでKOし、王座奪取をアピールしていた。

 のっけから前夜の雪辱を狙うHAYATAだったが、YO-HEYは深入りさせず、トップロープ越えのノータッチトペで先制。その後はGHCジュニアタッグ挑戦を控える吉岡が王者の小川&リッジウェイに左腕を集中的に攻められる苦しい展開となるが、YO-HEYは再びHAYATAと対峙すると躍動。前日にKOした顔面ドロップキックは警戒されて不発に終わると、HAYATAの猛攻を浴びたものの、ハンドスプリングエルボーをドロップキックで撃墜。トラースキック合戦でも競り勝って、好調ぶりを見せつけた。

 しかし、吉岡が再び左腕を攻め込まれると流れは再びSTINGERに傾く。分断されたYO-HEYに見せつけるように、HAYATAはジャンピングアームブリーカーからブリッジ式の変型アームロックに捕獲し、吉岡からギブアップを奪った。

 貫禄勝ちをおさめたHAYATAは、YO-HEYにベルトを見せつけながら顔面密着のにらみ合いを展開。ところがHAYATAが花道を下がりかけたところを急襲したYO-HEYは、リング上に引きずり戻すや、鮮やかな顔面GでまたしてもHAYATAをKOした。

 連夜の“王者KO"で名古屋奪取へ加速したYO-HEYは「試合に負けての悔しさ、それもあるけど、昨日も試合後にHAYATAめがけて顔面ドロップキックをかましたったけど、ちょっと自分の中で1つアイディアが浮かんだ」と意味深予告。気になる詳細は明かさなかったが、「今日思わずガッと天にあのGHCのベルトを勢いで掲げてしまったけど、9月25日は俺が本物のGHCジュニアチャンピオンになって手を上げる本当の姿を見せてやるから、絶対に皆さん…チェックお願いします」とベルト獲りに自信を深めた。

【YO-HEYの話】「クソ。試合に負けての悔しさ、それもあるけど、昨日も試合後にHAYATAめがけて顔面ドロップキックをかましたったけど、ちょっと自分の中で1つアイディアが浮かんだ。まあそれは、もちろん何とも言わず。9月25日のタイトルマッチに向けてのおいらの作戦がよぎったから、今日思わずガッと天にあのGHCのベルトを勢いで掲げてしまったけど、9月25日は俺が本物のGHCジュニアチャンピオンになって手を上げる本当の姿を見せてやるから、絶対に皆さん…チェックお願いします」