『SUNNY VOYAGE 2022』横浜ラジアントホール(2022年9月19日)
○ティモシー・サッチャーvs小島聡×

 GHCタッグ王者のサッチャーが杉浦に続いて小島をもシングルで連破。挑戦者コンビの“タカ&サトシ"を圧倒し、相棒・鈴木も「そのフザけた感じのままやりましょう」と呼びかけた。

 横浜メインを飾った9・25名古屋大会のGHCタッグ王座戦「(王者)鈴木秀樹&ティモシー・サッチャーvs杉浦貴&小島聡(挑戦者)」に向けた最後の前哨戦。9・16後楽園大会で杉浦を一騎打ちで破っているサッチャーは、もう一人の挑戦者・小島とのシングルに臨んだ。

 序盤から小島の豪腕をテクニカルに攻め立てて拷問地獄にいざなう。打撃戦に発展しても強烈なエルボースマッシュを執ように連発して競り勝ち、抱え込み式バックドロップを連発して正面から3カウントを迫った。

 必死に肩を上げた小島も、サッチャーの延髄斬りをラリアットで空中撃墜。後頭部ラリアットからのウエスタンラリアットを狙う。避けたサッチャーも必殺のフジワラアームバー(脇固め)で絡め取りにかかったが、踏ん張った小島は左ラリアットで振り払うや、垂直落下式ブレーンバスターからのウエスタンラリアットで仕留めにかかった。

 だが、サッチャーは鮮やかにフジワラアームバーで絡め取り、勢いそのまま強烈に絞め上げて小島は瞬く間にギブアップ。杉浦に続いて小島をもシングルで下してみせた。

 試合後には握手を求めてきた杉浦をもフジワラアームバーで絡め取り、サッチャーの相棒・鈴木も小島をTボーンスープレックスでぶん投げて挑戦者チームがそろって大の字に。マイクを握った鈴木は「スギ、いやタカ、大丈夫ですか? コジ、いやコジサト大丈夫かい? 次はやっと名古屋でタイトルマッチあります。ここに来てくれた人みんな来るそうです。タカ&サトシの、そのふざけたままな感じなら、僕たちには勝てません。…と言いそうな感じがしますが、そのふざけた感じのままやりましょう」と本音とも皮肉ともとれるメッセージを発した。

 前哨戦では良いとこなしに終わった“タカ&サトシ"だが、バックステージでは引き続き妙な掛け合いを展開…。「ギブアップ早くない?」という杉浦を、小島が「カンケーないねっ!」と柴田恭兵ばりに振り切って引き上げ、やっぱり『あぶない刑事』な風味を感じさせた。

 ともあれ名古屋タッグ戦に向けた前哨戦は、サッチャーが実力を際立たせながら王者組が圧倒。プロレス大賞MVP経験者コンビでもある“タカとサトシ"は、あぶない爆発力を発揮せぬまま終わるのか――。


【試合後のサッチャー&鈴木】

▼サッチャー「この勝利は可能性の原動力となる素晴らしいものだ。杉浦さんは小島さんのパートナーだ。小島さん、小島さんがベリーストロングであることは理解してる。でも俺たちはチームだ。チャンピオンチームだ。世界のどのチームとも違う第45代GHCタッグチャンピオンなんだ。俺たちは勝ち続け、タッグチャンピオンであり続ける」

▼鈴木「イングリッシュプリーズ」

――ハ、ハウアーユー…

▼サッチャー「何いってんだ!? 杉浦さんからはフロントチョークで絞められ、小島さんからはブレーンバスターで脳天から落とされたんだぞ? 首がヤバいに決まってんだろ!? アイスが必要だ! I need ice!」


【試合後の小島、杉浦】
▼杉浦「ちょっと大丈夫? ホントに」

▼小島「タカ、何で来てくんないんだよ? タカ!」

▼杉浦「すぐギブアップしたね」

▼小島「冷てえじゃねえかよ、タカ」

▼杉浦「ちょっとは頑張ればいいのにすぐギブアップしたよね」

▼小島「いや、痛いんだよ。何言ってんだよ。自分だってギブアップしたじゃねえかよ」

▼杉浦「いやいや俺、頑張ったよ」

▼小島「冷てえじゃねえかよ、タカよ!」

▼杉浦「セコンドついたし」

▼小島「セコンドついたって冷てえよ、そんなの」

▼杉浦「大丈夫?」

▼小島「もうちょっと思いやり持ってくれよ。せっかく組んでんだから」

▼杉浦「ギブアップするの早いし。すぐしたよ」

▼小島「危ないんだよホントに。ホント危ないんだよ」

▼杉浦「大丈夫?」

▼小島「カンケーないねっ!」

※と小島は去る

▼杉浦「関係ない? 関係あるでしょ? ラリアットしかねえんだから。腕攻められたらダメでしょ。関係あるだろ、あれ。(ラリアットの仕草をしながら)あいつこれしかねえんだから」