『#ajpw MANIAx in 後楽園ホール』東京・後楽園ホール(2022年9月19日)
○石川修司&ジェイク・リー&青柳優馬&大森北斗vsTARU&稔&歳三&諏訪魔×

 諏訪魔に快勝した石川がサイラスのタッグ結成要請に呼応。連敗を喫した諏訪魔はTARUとの間に不協和音が鳴り響いた。

 9・18日本武道館大会で宮原に敗れ、三冠ベルトを失った諏訪魔。一夜明けたこの日はTARU&稔&歳三とのVMトリオで石川&ジェイク&青柳&北斗の本隊カルテットと対戦した。

 試合は一方的なVMペースで幕開け。チームワークも抜群で、反則攻撃を駆使して北斗を蹂りん。諏訪魔も三冠陥落の影響を感じさせず、いつものように暴走ファイトを繰り広げた。

 しかし、TARUが羽交い締めにした青柳に諏訪魔がラリアットを狙った場面で状況は一変。青柳が回避すると、誤爆は寸前で踏みとどまったものの、諏訪魔とTARUの間に亀裂が入り、言い争いを始めた。

 このスキにタッチをもらった石川はジェイクたちとともに怒とうの連続串刺し攻撃。北斗のローリングエルボー、ジェイクのハイキック、青柳のダイビングエルボードロップ、石川のランニングニーが立て続けに火を吹いた。諏訪魔も抵抗を見せるが、石川はカウンターの空中胴締め落としで元パートナーから3カウントを奪った。

 精彩を欠いた末、諏訪魔が武道館に続いて2連敗。同士討ちを回避したものの、試合後もTARUと口論し、二人の間に不穏な空気が流れた。「しゃべること何もねぇよ!」と吐き捨てて一人控室へ消えた諏訪魔。三冠陥落をきっかけに鉄の絆を誇ったはずのTARUとの間に不協和音が鳴り響いてしまった。

 一方、諏訪魔に快勝した石川は「諏訪魔が2連敗したということで、もうあいつが地獄に落ちたということで、次期シリーズからブードゥー・マーダーズには二代目悪役商会としてやっていってもらいたい」と勝ち誇った。

 そこへ現れたのがサイラス。「俺はまた日本に戻って来たら、あなたとタッグを組みたい」とタッグ結成を要請してきた。突然の申し出に石川は困惑しながらもガッチリ握手。二人のタッグ結成が浮上した。となると全日マットに屈指の大型タッグが誕生する。当然、二人が組めば世界タッグに狙いを定めるのは確実だ。


【試合後の石川】
▼石川「諏訪魔が2連敗したということで、もうあいつが地獄に落ちたということで、次期シリーズからブードゥー・マーダーズには二代目悪役商会としてやっていってもらいたいなと思ってます」

※ここでサイラスが「イシカワサン」と日本語で呼びかけて登場

▼サイラス「俺はまた日本に戻って来たら、あなたとタッグを組みたい」

▼石川「次に来たら組みたい? よし。よくわからないけど(サイラスと握手を交わす)」

【歳三の話】「今日、試合がああいう形になって、流れが悪い。アジアも無くなったし、三冠も無くなったし。でも、どっかで流れを変えなきゃいけないと思うし。ちょうど昨日、田村が俺のGAORAに挑戦をするという発言があって、今日発表されたらしいから。俺は受ける。いつでも準備ができている。防衛して、この悪い流れを俺が止める」