『#ajpw MANIAx in 後楽園ホール』東京・後楽園ホール(2022年9月19日)
世界タッグ選手権試合 ○芦野祥太郎&本田竜輝vs斉藤ジュン&斉藤レイ×

 芦野&本田が凱旋2戦目となった斉藤兄弟を返り討ちにし、世界タッグ王座3度目の防衛に成功。久々の参戦となった土肥こうじ&羆嵐の挑戦を受諾し、元WRESTLE-1対決によるV4戦が決定的となった。

 世界タッグ王者・芦野&本田は9・18武道館大会で大森隆男&征矢学のGET WILDを退け、ベルトを死守。試合後、挑戦を表明したジュン&レイの斉藤兄弟を迎え撃つ連夜の防衛戦となった。

 斉藤兄弟はのっけからダブルショルダータックルを連発するなどスケールアップしたファイトを展開し、海外武者修行の成果を見せつける。重たい逆水平を連発してどよめきを誘ったレイが左ヒザ攻めに捕まると急ブレーキとなるが、ジュンがパワーを増した突っ張り連打や新たに身に付けたミドルキックで逆襲。合体攻撃も連発し、本田にスパインバスター&フライングラリアットを決めれば、芦野をダブルチョークスラムでマットに叩きつけた。

 レイは前夜の日本武道館大会で石川修司を沈めたダイビングボディプレスで勝負に。しかし、芦野は避けて自爆を誘うと、ヒザを強打したレイの左足に絡みつき、アンクルロックに捕獲。本田がジュンを分断する中、決して足を離さずに絞めに絞めてレイからギブアップを奪った。

 芦野&本田がタイトルマッチ2連戦を突破し、世界タッグ王座を死守。3度目の防衛を果たした。試合後、早くも次なる挑戦者が現れた。この日、久々の全日本参戦を果たした土肥羆だ。すでに第1試合で勝利後、世界タッグ挑戦を意思表示していたが、王者の前に現れると改めて「GUNGNIR OF ANARCHY、お前らが持つ世界タッグのベルトに俺ら土肥羆が挑戦表明だ」(土肥)と名乗りを上げた。

 これを受けて芦野は「俺と本田と土肥と羆嵐、これ何だかわかりますか? あえて名前は出しませんが、俺たちがやってきたことを見せつけるチャンスだからな」と受諾。「俺は本田と全日本プロレスでベルトを持ってんだよ。お前ら覚悟をしっかり持ってこのリングに上がって来い。おちょけた羆嵐が見てえんじゃねえんだよ。本気の怖い羆嵐で来てくれよ」と通告した。

 「俺と組んでた頃の怖い羆嵐で来てほしい。そしたら思いっきり盛り上がるんじゃないかな。ひっくり返るんじゃないかな、全日本プロレスのファンが。俺たちのルーツをね。羆と俺のルーツを思う存分見せたい」というのが芦野の狙いだ。パートナーの本田も「あいつらからしたら何度も挑戦して獲れなかったベルトを、俺が芦野と組んだら一発で獲ったからな。それが悔しいじゃねえか、あいつらも。その気持ちを次のタイトルマッチでぶつけてこい」と今現在の差を強調しつつ言い放ってみせた。


【試合後の芦野&本田】
▼芦野「2連戦だよ、2連戦。世界タッグの防衛戦。2日連続しんどいな。まあ、ジュン&レイ、帰ってきたな。成長してたか? どうだ?」

▼本田「そうだな。だいぶ…危なかったな…」

▼芦野「なんだよ。なに疲れてんだよ、お前よ。いいよ。凄くいいと思う。ただね、まだちょっと早いんじゃないかな。もうちょっと頑張ってほしいね。ただ、あのスケール感というのは俺たちが持ってないものだから。あれを思う存分活かしてほしいと思いますけどね。まあ、まだ負けれないっすね。おい、土肥羆。楽しみだな、土肥羆。なんで彼らが武道館で試合がなかったか。それはよくわからないけどね。全日本プロレスのリングに上がっている以上、試合ではちょけちゃダメだよ、羆嵐。俺と組んでた頃の怖い羆嵐で来てほしい。そしたら思いっきり盛り上がるんじゃないかな。ひっくり返るんじゃないかな、全日本プロレスのファンが。俺たちのルーツをね。羆と俺のルーツを思う存分見せたいと思いますよ」

▼本田「あいつらからしたら何度も挑戦して獲れなかったベルトを、俺が芦野と組んだら一発で獲ったからな。それが悔しいじゃねえか、あいつらも。その気持ちを次のタイトルマッチでぶつけてこい」

▼芦野「いいねぇ。生意気な22歳だよ。いくぞ! よし、飲みに行くか? いや、お前酒癖悪いからな」

▼本田「そういうことだ」