カリフォルニア州サンノゼのSAPセンターで行われたロウが日本時間21日、配信され、セス“フリーキン"ロリンズとマット・リドルが介入合戦を展開し、『エクストリーム・ルールズ』での再戦が決定した。

 両者は今月4日の『WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル』で対戦し、ロリンズが勝利。この日、遺恨が再燃した。ロリンズがこの日のオープニングマッチでUS王者・ラシュリーに挑戦。ラシュリーにハートロックを決められながらも、レフェリーに誤爆したスキにローブローを放ってチャンスを迎えたが、ここでリドルが現れて挑発。気を取られたロリンズはラシュリーのスピアーを浴びて王座奪取に失敗した。

 その後、リドルがレイ・ミステリオと組んでベイラー&ダミアン・プリースト(withリア・リプリー&ドミニク・ミステリオ)と対戦。今度はロリンズが現れ、リドルを襲撃して敗戦に追い込んだ。試合後、ロリンズとリドルが掴み合いの乱闘に。怒りが頂点に達したロリンズが「再戦したいなら時間と場所を言え」と挑発すると、リドルは「エクストリーム・ルールズでファイトピットだ」と呼応し、インサイド・ザ・ファイトピットでの再戦が決まった。『エクストリーム・ルールズ』は日本時間10月9日にWWEネットワークで配信される。