『2022旗揚げ記念シリーズ〜#ajpw Halloween MANIAx〜』東京・新木場1stRING(2022年10月30日)
○諏訪魔&斉藤ジュン&斉藤レイvsジェイク・リー&石川修司&井上凌×

 諏訪魔が尾崎魔弓&雪妃魔矢との“魔合体"を宣言。石川に男女対決を要求した。

 諏訪魔は10・23大阪大会でKONOとのVMコンビで芦野&本田のGOAコンビを撃破。世界タッグ王座を奪取し、「VM新章の始まり」を宣言した。

 王者としての初陣となったこの日はSAITO BROTHERSとのトリオでジェイク&石川&井上の本隊トリオと対戦。ジュン&レイの暴れっぷりを満足げに見守ると、最後はラリアットからのバックドロップで井上を粉砕した。

 世界タッグ王者としての初陣で豪快勝利。試合後、諏訪魔は尾崎&雪妃の正危軍との合体を宣言した。SNS上で尾崎と急接近していた諏訪魔は「12月25日後楽園、諏訪魔、尾崎魔弓、雪妃魔矢この3人がお前を泣かしてやる。お前も好きなヤツを連れてこい」と石川に宣戦布告。「雪妃の年は知らねえけどな、いい年こいてリングネームに『魔』ついているヤツ、ろくなヤツいねえからな」と皮肉った石川も「上等だよ。俺が泣かしてやる」と受けて立った。

 全日本のリングで男女6人タッグ対決が急浮上。石川は「諏訪魔、尾崎魔弓、何年キャリア積んでんだ? 魔とか付けてんじゃねぇぞ。負けたら改名させてやる」と逆要求し、気になるパートナーについて「二人、俺の知ってる強力な女子レスラーを連れてきてやるよ。それで終わりだ、諏訪魔」と予告していた。

【試合後の諏訪魔&ジュン&レイ】
▼レイ「ジェイク・リー、てめぇが何と言おうと今日は俺たちブードゥー・マーダーズの勝ちだ」

▼ジュン「ボコボコにしてやる」

▼レイ「ジェイク・リー、今日は特に何もできなかったな。それから石川修司、顔バチバチ張りやがって。次はこんなもんじゃ済まさねぇからな。弱ぇんだよ。これぐらいやれよ(とジュンとチョップを打ち合う)」

▼諏訪魔「お前ら危ねぇっつうんだよ。何か起きたらどうすんだ? まぁ、いいよ。気合入ってんな。言ったよな。石川修司、名前出たよ。あいつ気に入らねぇんだよな。姐さんが言う通り、石川修司は地獄に堕としてやった方がいいよ。俺は賛成だね。ただ、何か名前に魔が付くやつはロクなのがいねぇみたいな。ちょっと年齢のことも言ってた気がしたな。いいのか? そういうこと言って。まぁ、リング上でお前、恥かくのは石川修司だよ。あいつだけは泣かしてやる。そっから地獄に堕ちた方がいいんじゃねぇか。大泣きしてから地獄に堕ちた方がいい。姐さんがそろそろ集合かけると思うんでね。やってやるっつうの。見とけ、お前!」


【ジェイクの話】「おい、斉藤兄弟覚えとけよ。お前らのケツ、俺と当たった時、ボンだ。覚えとけ」

【石川の話】「リング上で言った通りだよ。雪妃の年齢は知らねぇけど、諏訪魔、尾崎魔弓、何年キャリア積んでんだ? 魔とか付けてんじゃねぇぞ。負けたら改名させてやる。二人、俺の知ってる強力な女子レスラーを連れてきてやるよ。それで終わりだ、諏訪魔」