『SUNNY VOYAGE 2022』静岡・キラメッセぬまづ(2022年11月3日)
○ティモシー・サッチャー&杉浦貴&小島聡&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.vsモハメド ヨネ&齋藤彰俊&稲村愛輝&清宮海斗×

 11・10後楽園大会でGHCヘビー級王座に挑戦するサッチャーが唯一の前哨戦で王者・清宮から直接ギブアップ勝ち。GHCタッグ王座防衛戦を控える杉浦は挑戦者の齋藤と猛火花を散らし「ファンキー・プラスアルファ」を要求した。

 11・10後楽園大会のGHCヘビー級王座戦「(王者)清宮vsサッチャー(挑戦者)」、GHCタッグ王座戦「(王者)杉浦&小島vsヨネ&齋藤(挑戦者)」に向けたダブル前哨戦が沼津で実現。序盤から気迫が目立ったのは杉浦と齋藤で、中盤には互いにコーナーでの暴走エルボーを乱打し合うと、ナックルとバックブローで生拳を交わし合う激闘を繰り広げた。

 そしてサッチャーも序盤からグラウンドで清宮を押し込み、打撃戦でも強烈なエルボースマッシュで何度も若き王者をグラつかせてみせる。意地の清宮もドロップキックやジャーマンで反撃したものの、止まらないサッチャーは逆さ押さえ込みを鮮やかに必殺のフジワラアームバーで切り返して、一気に清宮から直接ギブアップを奪った。

 ノアでの“無敗"をキープしつつ、王者撃破で唯一の前哨戦を制したサッチャーは、腕を抱えてうずくまる清宮を目をひん剥きながら見下ろして闘志満々。「清宮は今日の試合で分かったと思うが、この痛みはずっと続く。俺はああやってフジワラアームバーの体勢に入ることができるんだから、しっかり覚悟しておけ」と悠然と通告するや、「俺はヘビー級のベルトに挑戦するし、ワグナーはナショナル王座に挑戦する。杉浦選手と小島選手に関しては絶対に防衛する。勢いは俺たち杉浦軍のほうにある」と後楽園での“杉浦軍祭り"を予告した。

 一方で試合後も齋藤と気迫のにらみ合いを展開した杉浦は「ファンキー? 会場を盛り上げる、それも非常に重要だけどタイトルマッチだからね。ファンキーに何かプラスしてもらわないと。そこには思いだとか怒りだとか、ファンに対する、ベルトに対する。そういうのをプラスしてきてもらわないと。ファンキーだけじゃ足りない」と要求。ファンキー軍にさらなる“炎上"をうながした。


【サッチャーの話】「勢いが大事なんだよ。どう見ても勢いは俺たち杉浦軍に向いているだろ。清宮は今日の試合で分かったと思うが、この痛みはずっと続く。俺はああやってフジワラアームバーの体勢に入ることができるんだから、しっかり覚悟しておけ。来週、俺はヘビー級のベルトに挑戦するし、ワグナーはナショナル王座に挑戦する。杉浦選手と小島選手に関しては絶対に防衛する。勢いは俺たち杉浦軍のほうにある」


【試合後の杉浦&小島】
――ヨネ&齋藤の気持ちは伝わってきた?

▼杉浦「ファンキー? ファンキーは俺ら。会場を盛り上げる、それも非常に重要だけどタイトルマッチだからね。ファンキーに何かプラスしてもらわないと。そこには思いだとか怒りだとか、ファンに対する、ベルトに対する。そういうのをプラスしてきてもらわないと。ファンキーだけじゃ足りない」

▼小島「4人ともみんなベテランだよ。4人合わせてキャリア238年だ、たぶん。それぐらいのキャリアを持った俺たちが見せられるもの。それだけのものを皆さんに見てもらいたい。プロレスというのはキャリアこそ全てです。それは俺のキャリアも証明してやるよ。こんな感じで頑張りましょう」

▼杉浦「よし」

▼小島「ありがとうございました。よっしゃ!」

▼杉浦「(去り際に)うちの相方はどうかしてるからな。キャリア200年とか言ってるけどな、どうかしてんだよ!」

【清宮の話】「悔しいよ。悔しいよ、チクショー!」