NXTが日本時間3日、配信され、NXT女子王者マンディ・ローズが戴冠1周年を自ら祝ったものの、アルバ・ファイアがぶち壊し、宣戦布告した。

 この日、マンディがNXT女子王座戴冠1周年のお祝いとして“トキシック・アトラクション"のジジ・ドリン&ジェイシー・ジェインとともにリングに登場。VTRでこれまでの足跡を紹介しながら「NXT移籍を決めたのはとても素晴らしい決断だったわ」と振り返った。そして「ジジ&ジェイシーとともにトップまで駆け上がり、1年間も女子王座を保持して世界一だということを証明した。誰も私を王座陥落させることはできない」と自画自賛した。

 ここでマンディの話を遮るように、突然リングにスモークが立ち込めた。現れたのはアルバ。飾ってあったポスターボードでジジを殴りつけると、鎮圧にかかるジェイシーを投げ飛ばして一蹴。止めに入ったスタッフもスーパーキックで排除すると、ゴリーボムでジジをテーブルに叩きつけて粉砕した。

 マンディのお祝いをぶち壊したアルバは「今週はジジ、次週はジェイシーの番だ。2週間後には王座を頂くからな」とマンディを挑発。NXT女子ベルトを指差した。