『THE GATE OF DESTINY 2022』エディオンアリーナ大阪(2022年11月6日)
オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合 ○吉岡勇紀vsYAMATO×

 吉岡がDRAGONGATEの歴史を担ってきたYAMATOを激闘の末に突破し、ドリームゲート王座V3を達成。「ドリームゲートチャンピオンとしてみんなに認められたい。俺は俺なりにドリームゲートを作っていく」と新たな歴史の担い手となる決意を示した。

 第35代王者・吉岡は9・19大田区大会でEitaを下し、2度目の防衛に成功。試合後、「俺は過去のドリームゲートを巻いた人たちと、ドリームゲートのベルトを懸けて防衛戦をしたい」と歴代王者との戦いに乗り出す構えをみせると、同王座最多戴冠歴を誇るYAMATOが名乗りを上げ、「DRAGONGATEは俺だから。俺はDRAGONGATEの正義のために戦いますよ」と涙ながらに約1年ぶり6度目の戴冠を誓っていた。

 両者は序盤から譲らない攻防を展開。YAMATOがショルダータックルでなぎ倒して先制すれば、吉岡もすぐさまバックエルボーでやり返す。エルボー合戦を逆水平で制したが、YAMATOは低空ドロップキック、ニークラッシャー、ドラゴンスクリューと左足攻めを展開。逆水平とエルボーを交互に連打するなど厳しい攻めも見せ、吉岡の動きが完全に止まった。

 それでも吉岡は追撃を食い止め、10分経過と同時にミサイルキックでようやく反撃。ランニングニードロップでYAMATOがテーピングを施した右わき腹を狙い撃ちしたが、YAMATOは串刺しドロップキックで黙らせる。ドラゴンスクリュー、アンクルホールドと足攻めを再開し、「楽勝だ、楽勝だよ」と余裕の笑みすら浮かべた。

 これに触発されたか、吉岡はドロップキックで逆襲に転じた。エプロンに出たYAMATOを追いかけ、「大阪! 落とすぞ!」とお株を奪ってブレーンバスターの構え。こらえたYAMATOも「大阪! 落とすぞ!」と絶叫し、ブレーンバスターを狙ったが、セカンドロープに上がった吉岡はブレーンバスターで引っこ抜いてリングに叩きつけた。

 ようやく流れを引き寄せた吉岡は、YAMATOが変型ギャラリアを敢行しても、正調・ギャラリアを決めさせず。掟破りの逆ギャラリアで突き刺した。両者へのコールが飛び交う中、二人はエルボー合戦で火花。YAMATOが串刺しドロップキックを連発し、2発目は後頭部に突き刺す。トップロープからの雪崩式ブレーンバスターで追い討ちをかけると、吉岡もすぐさまブレーンバスターで応戦したが、先に立ったのはYAMATO。ワンツーエルボーで吉岡をねじ伏せた。

 意地の吉岡もローリングエルボーでなぎ倒し、YAMATOが全知全能のフランケンシュタイナー、延髄斬り3連打でたたみかけても、バトルフックを放って譲らない。ダークネスバスターで突き刺し、力なく反撃するYAMATOをエルボー一発で返り討ち。それでもYAMATOは「終わらねぇ。終わってたまるかよ!」と最後の力を振り絞ってエルボーを連発したが、吉岡は強烈なエルボーでねじ伏せた。何とか起き上がってきたYAMATOの背中にフロッグスプラッシュを落とすと、スタンド、正調とフロッグスプラッシュを連射して3カウントを奪った。

 吉岡がドリームゲート王座3度目の防衛に成功。DRAGONGATEの歴史を作ってきたYAMATOを激闘の末に破ってみせた。誇らしげにベルトを掲げた吉岡は試合後、YAMATOに向かって深々と座礼。YAMATOも同じく座礼で応え、握手と抱擁を交わす。吉岡の腰にベルトを巻こうとしたものの、うまく巻くことができず、吉岡の肩にベルトを置いて去っていった。

 「勝ったぞ。今日は俺がYAMATOさんから勝ったぞ!」。そう絶叫した吉岡は「このドリームゲートタイトルマッチ、YAMATOさんに勝つこと。それは大きな意味があります。YAMATOさんはこのDRAGONGATEの中心となる人物。チャンピオンの時はもちろん、チャンピオンじゃない時もDRAGONGATEを支えてくれてました」と敬意を表し、「だからこそ、俺がチャンピオンの時にその凄さが十分にわかりました。俺はドリームゲートチャンピオンとしてまだまだ足りないことばかりで、今日YAMATOさんに勝ったとしても本当の意味でYAMATOさんを超えるということはできなかったと思います。だからこそ、悩んで悩んで正直すごく苦しかったです」と続けて胸の内を明かした。

 歴史との戦いはこれからも続く。吉岡は「それでも俺はこのDRAGONGATE、ドリームゲートチャンピオンとしてみんなに認められたい。俺は俺なりにドリームゲートを作っていく。そう決めました」とキッパリ。これまでのYAMATOのようにDRAGONGATEの歴史の担い手となるべく決意表明してみせた。