『THE GATE OF EVOLUTION 2022』東京・後楽園ホール(2022年11月9日)
○望月マサアキ&望月ススム&神田ヤスシvsドラゴン・ダイヤ&菊田円&吉岡勇紀×

 望月マサアキが王者・吉岡に逆転ピンフォール勝ち。12・6後楽園大会で約3年ぶりのドリームゲート王座挑戦が電撃決定した。

 11・6大阪大会で吉岡はYAMATOを破り、ドリームゲート王座V3。ダイヤ&菊田もBIGBOSS清水&ストロングマシーン・Jを返り討ちにしてツインゲート王座初防衛を果たした。勢いに乗るD'Courageが後楽園大会のセミファイナルに登場して、M3Kと激突。自信に満ちた表情で試合に臨んだ吉岡だったが、その前に望月が立ち塞がった。

 王者としての風格すら感じさせるD'Courageが先手。ダイヤが捕まる場面があったものの、盤石の試合運びで神田に集中砲火を浴びせた。ススムがジャンボの勝ち!を乱れ打って反攻すると、M3Kが立て直しに動くが、マサアキのブレーンバスター狙いを読んだ吉岡が逆に投げると、D'Courageが再び攻勢に。標的はマサアキ。菊田がジャンピングヒップアタック、ダイヤがその場飛びシューティングスタープレスを決めると、吉岡は「終わりだ!」と叫んでダークネスバスターを狙う。

 こらえた望月はカウンターの真・最強ハイキックをズバリ。吉岡は得意のバトルフックで流れを変えようとするも、望月はツイスターで譲らない。続く三角蹴りは不発に終わると、吉岡がコードブレイカー、ダークネスバスターと再び大技ラッシュ。満を持してフロッグスプラッシュへ。しかし、望月は剣山で迎撃して、間髪入れずにクルリ。技ありの3カウントを奪った。

 頭を指差して作戦勝ちをアピールし、してやったりの表情を見せた望月は「おい、ドリームゲートチャンピオン吉岡。お前とやるのも久々だったな。まあ、お前はDRAGONGATEの過去に挑んでいくって言ってたよな。あれはYAMATOで終わりか? 俺はYAMATOほど戴冠数はないけども、俺と戦ったらある意味、YAMATOより面倒くせえぞ。お前とシングルなんかやった時なかったな。どうだ? 俺と一丁ドリームゲートやってみるか?」とタイトル挑戦を表明した。

 吉岡は「望月さん、あなたはかわいいかわいい息子のお世話で忙しいと思ってました。だからこそ、このベルトには興味がないと思ってました。でも、あなたがその気なら、いつでもやってやろうじゃねえか」と受諾。その言葉を聞いたマサアキは「俺はDRAGONGATEを背負うとかどうとか、そういう難しいことを言うつもりはない。今の俺がお前とやってどうなるか。純粋な気持ちでチャレンジさせてもらうよ」と決意をあらわにした。

 吉岡は「一応…一応ですけど、昔、望月道場ってのでお世話にはなりました。一応なりました。あと、望月さんはドリームゲート3回巻いてるんですね。俺が超えなければいけない人、そのひとりだと俺は思ってました。もちろん防衛戦、受けてやりますよ」と過去の関係を明かしつつも返答。望月の「若い世代が台頭してきたこのDRAGONGATE、52歳の俺が挑戦していいですか?」という言葉を受け止めた斎藤了GMが即決し、舞台は12・6後楽園大会に決定した。

 吉岡は「望月さん、今日は実際負けました。今まで望月さんには勝ったことありませんが、今の望月さんがどこまでできるのか、楽しみにしてますよ」と挑発。「最後に強気に出たな」と返した望月は「吉岡、言っておくけどな、俺はいくつになろうが、現役でいる以上は、誰かに何かを託すとか、俺は楽になりたいとか、そんなことは1ミリも考えたことはない。俺は本気で獲りにいくからな。覚悟しとけ」と宣戦布告した。

 望月がドリームゲート王座に挑戦するのは、2019年10月のBen-K戦以来、約3年ぶり。DRAGONGATEマットでこそシングル戦線からは遠ざかっているが、プロレスリング・ノアでは激闘を重ねており、その実力は錆び付いていない。世代交代が進むDRAGONGATEマットで、28歳の若き王者に52歳の大ベテランが挑む図式。望月道場の元師弟対決でもある。望月は新世代の台頭を真っ向から受け止め、聖地で4年半ぶりの至宝戴冠を狙う。


【望月の話】「おい、俺たち元・元祖M2K。オッサンズのM3Kだよ。今を時めくチャンピオンチーム、D'Courageに誰が勝つと思ってた? まぁ、あいつも確かにドリームゲートの疲れが残ってたのか、油断したのか知らねぇけどよ。俺は本気で獲りにいくからな。俺は楽になりたいとか一回も思った時ねぇよ。現役でいる以上は体ぶっ潰れるまでトップ狙ってるから。いいか、楽しみにしとけ」